かわいそう、それはどっちが?

3年生は、毎日塾。

週6日、塾。

 

私の労働条件はさておき、Lilyっ子達も大変です。

 

そんなLilyっ子達を見て、同級生はどう思うんでしょう。

 

「あんなに勉強させられて、かわいそう」

 

もしかしたら、そう思われているかもしれませんね。

 

 

でも、ここで手を緩めて、志望校に不合格になった方がかわいそうじゃありませんか?

 

 

「かわいそう」という主観は、あくまで主観です。

 

人によっても時期によっても変わります。

 

 

「スマホやニンテンドースイッチを買ってもらえなくて、かわいそう」

そう思った数年後、立場が逆転しているかもしれませんよ。

 

 

「スマホやニンテンドースイッチを買ってもらえなかったおかげで、勉強に集中できた」と、その子が成績トップクラスになっていたら、今度は逆にその子から「そんなもの買ってもらって、時間を浪費しちゃったのね。かわいそう」と思われるかもしれません。

 

 

何が「かわいそう」なのか。

 

その「かわいそう」は本当に「かわいそう」なのか。

 

 

「週6塾に通ってかわいそう」って思って、ブレーキを踏んでしまう方が「かわいそう」な結果になってしまうでしょう。

 

 

 

ちなみに少年清水は週2の塾に行くのが嫌なときがありました。

 

嫌な理由は「眠いのに起こされて塾に連れて行かれた」とか「ゲームをやっていたのに」といったところです。

 

そういうときにも文句を言わず「頑張って塾に行っているアピール」をしていました。

 

しかし、親はそれを褒めてくれず、不満に思っていました。

 

今になって考えてみたら、週2の塾なんて頑張っているうちに入りませんし、そもそも親からすれば「自分のために、自分が行きたくて塾に入ったんでしょ」って感じでしょう。

 

自分の仕事をしながら、子供の塾の送迎をしている親のほうが数倍頑張っていたのです。

 

そりゃ「週2の塾が大変だね」なんて同情されることも、褒められることもないわけです。

 

 

 

少年清水のようなLilyっ子は少なくないはず。

 

いや、Lilyっ子に限らず、大半の中学生は少年清水と同じようなはず。

 

 

つまり、子供には見えていない世界がある、ということです。

 

 

子供は目の前のことで「かわいそう」かどうかを判断してしまいます。

 

「かわいそう」と思ってブレーキをかけることが、後に大きな「かわいそう」を連れてくるなんて、その当時は知ったこっちゃないのです。

 

 

なので、ここは大人がうまくコントロールしてあげないといけません。

 

 

「今、首根っこ掴んで週6塾に通わせることはかわいそうなのか」

「かわいそうとは何を指すのか」

 

ぜひ考えてみてください。

真面目編の最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG