1年生がうらやましい

未来を持つヒカルへの嫉妬が、抑えられない・・・。

 

ヒカルの碁という漫画のセリフです。

 

目の前の中学生を見ていて、私も同じように思うのです。

 

 

今日、1年生が体験に来てくれました。

英語をきちんと勉強しておきたいということで、塾を探しているとのこと。

 

確かに、英語ができるかどうかって、1年生の時点で分岐点があると思います。

 

だから、ここで腰を据えて英語を勉強するというのは正しい手法ですね。

 

 

 

1年生は、現時点で単語力がなくても全く関係ありません。

なぜなら時間が残されているからです。

 

今日から本腰入れれば挽回できるだけの時間があります。

 

 

 

 

本気を出せば成績もガンガン上がるでしょう。

根拠もなくそう思えるのは、時間があるから。

 

 

 

県立入試まであと100日を切りました。

3年生達も、1年生を羨んでいるかもしれませんね。

 

 

だからといって、嘆いていても何も始まりません。

やるなら今。

 

大事なのは常に今。

 

 

今日がこれからの人生で一番若い日

 

 

自分にも言い聞かせてます。

清水のフリートークの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG