憲法

憲法とは国の根本的な法です。

現代の多くの国の憲法は、国民の権利を守るために存在していますね。

 

憲法は国民の権利を守るために、国がしてはいけないことやすべきことが書かれています。

 

有名なのは第9条の「戦争の放棄」ですね。

 

 

法律は逆に、国民がしてはいけないことが書かれています。

 

また、各地方自治体がつくる条例というのもあります。

法律の地域版ってところでしょうか。

 

観光地などでは「ゴミのポイ捨てをしたら罰金2,000円」といった条例があったりします。

 

 

 

憲法、法律、条例の中で一番大きいのは憲法です。

憲法を超える法律は作れません。

例えば「自国に不利な条約が結ばれた場合、他国と戦争しても良い」といった法律は作れません。

なぜなら憲法に反するからです。

 

 

家族で例えると、憲法は大黒柱のお父さん、法律はお兄さん、条例は弟ですね。

 

お兄さんがいくら「我が家でニンテンドースイッチを買うべきだ」と言っても、お父さんが「そんなものはいらない」と言ったらくつがえらないのです。

 

 

 

そのように、あらゆる法律の基本的な法となるの憲法。

Lilyにも憲法が存在します。

 

 

その第一条が

 

「Lilyの生徒は他者から邪魔をされずに学習する権利を有する」

 

というものです。

 

 

この憲法を守るべく、法律が作られます。

 

今回、作ろうとしている法律は

「2年生の集団授業時に、3年生はLilyを使用することができない」

というものです。

 

 

これはまだ案の状態。

可決されれば3年生は水曜日の20:30~21:50は本当に使えなくなってまいます。

 

 

ということで、今回は法律を定めたわけでなく「自粛要請」にとどまりました。

 

 

入試が迫った受験生とはいえ、憲法を守れないのであれば、Lilyは使わせないのです。

 

2年生だって入試まであと1年数ヶ月しかありませんからね。

 

 

Lilyを思う存分使いたいのであれば、他の生徒の権利を奪わないこと。

 

それを踏まえて行動しましょう。

清水のフリートークの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG