逃げちゃだめだ

負けないこと 投げ出さないこと

逃げ出さないこと 信じ抜くこと

駄目になりそうなとき それが一番大事

大事MANブラザーズバンド / それが大事

 

本日は授業後の23時から、他塾の塾長さん達とビデオ会議をしました。

 

200点未満から400点以上に上げたノウハウの共有や、使っている教材の話、最近の悩みなど、10人程度の塾長さん達と多岐に渡り議論しました。

 

 

心に残った話は

「僕は逃げないことを信念にしています」という塾長さんの話。

 

 

 

何から逃げないかというと、自分の弱さというか、面倒くささというか……。

 

 

例えば、10問の計算問題で必ず2問ミスをする生徒がいるとします。

何回やっても2問間違えます。

そうするとたいていは「8割は出来たんだから、とりあえず次に行こう」と声をかけてしまいます。

 

 

それは要するに「教える側の逃げ」だということです。

 

 

 

このとき、たぶん生徒も「そうしてください」と言うと思います。

「いえ、2割はまだ完璧じゃないので、もっとやってください」という生徒はまずいません。

なぜなら、基礎はつまらなく、飽きるからです。

 

2問のミスはケアレスミスであり、もう一度やらなくても大丈夫という思いが生徒達にはあるのです。

 

 

生徒も講師も「もうこの辺にして、先行っちゃおう」という気になってしまいます。

 

でも、そこで先に行かずに、徹底的にその間違いに立ち向かう、ということを信念にしているそうです。

 

 

戻るならどこまでも戻るそうで、小学生の計算まで遡るとか。

 

 

200点未満の生徒を430点取らせるだけのことはあります。

 

小手先だけでなく、しっかり実力をつけさせるその姿勢は見習わないといけません。

 

 

私も3年生であってもできていなければ1年生の内容からやらせるタイプです。

 

ただ、そこまでの信念があるかといわれると微妙です。

 

清水
反省

 

 

やはり塾は、塾長の人間性が大きくものを言うと思います。

 

私ももっともっと自分を磨かないと!

清水のフリートークの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG