目的意識

「自分はどこがわかっていて、どこがわからないか」がわかれば、もう山は越えています。

 

この先の景色も見えているので、あとはゴールに向かって一直線です。

 

多くの中学生はそれができないので「今、何をしたらいいかわからない」という状況に陥ってしまいます。

 

でもそれは普通のこと。

 

みんな宿題の自学ノート2ページを埋めるネタに頭を悩ませるものです。

 

 

 

そんな中、1年生のJ君は一味違う態度を取ります。

 

「文章題が苦手なので教えて下さい」と言って塾にやってくるのです。

 

自分でできないところがわかっていて、それを克服しようというスタンスですね。

 

 

これは素晴らしいと思います。

 

1回の通塾で、そのとき何を習得するかを決めて来ているのですから、達成感も得やすいでしょう。

 

 

今日も「座標がいまいちわからないので教えてください」と言ってLilyに来ました。

 

わからないのは座標ではなく、その先の比例・反比例の部分でしたけれど、それに気づいたのもJ君自身です。

 

 

1年生のうちからこんなふうに目的意識を持って通塾していれば知識がどんどん積み重なっていくだろうなと感じました。

 

 

このいいところはそのままに成長していってもらいたいですね。

塾生の話の最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG