教える仕事に恋をした

昔、私が大学生くらいの頃、お盆で親戚が集まったときの話です。

 

働きたくない私が親戚のおじさん達に「なんで何十年も働けるの?」と聞いたことがあります。

 

その答えは「仕事が好きだから」でした。

 

「一見、つまらなそうに見えても、その中に楽しさがある。好きじゃないと俺だって続かないよ」と親戚のおじさん。

 

当時の私は、仕事に楽しさなんて信じられませんでした。

 

 

 

しばらく経って、楽しい仕事(バイト)に出会いました。

夜な夜なビルに集まって、宅配便の伝票番号をひたすら入力するという仕事でした。

ひたすらタイピングするだけ。

ずーっとやってたら、頭がおかしくなりそうなその仕事を私は好み「これは一生やってもいいな」と思っていました。

 

友人Y
なんで辞めたの?

 

清水
その職場がなくなった(T_T)

 

番号をひたすら入力する仕事なんて、時代の流れでなくなるのは当然ですよね。

 

 

その後、塾講師の門を叩くことになるわけです。

 

しかし、最初のころは、というか、つい最近までは、そこまで仕事にのめりこむということはありませんでした。

 

 

 

私は仕事はできるほうですし、授業もそれなりに上手いので、楽しそうに見えたと思いますけれど。

 

友人Y
自分で言うかね

 

 

 

正直、私は人にものを教えるの仕事は合っていると思います。

 

教習所の教官とかでも、その業界に行けばきっとカリスマ教官になっていたでしょう。

 

友人Y
自分で言うかね

 

 

なんていうか、わかりやすく説明するのが人より上手いと思うんですよ。

 

友人Y

自分で言うかね

 

 

合っているから、人より楽にできるというだけであり、のめり込むことはなかったのですが、ここ最近はのめり込んじゃんってます。

 

なんだか仕事が楽しくなってきたのです。

 

 

一昨年や去年は楽しくなかったのかというと、そんなことはなくて、とても楽しかったのですが、Lilyが始まって間もないこともあり、必死に食らいつかないといけないという環境があったので。

 

今はそういうのもなくなり、肩の力も抜け、いい感じってことです。

 

 

で、どれくらいのめり込んでいるかというと、休日にも仕事のアイデア帳がどんどん埋まるくらいです。

「あ、今、仕事のこと考えてた」とハッとすることがあります。

まあ、悪いことじゃないのでいいんですけど。

 

 

1ヶ月ちょっとの赤ん坊を抱いてウロウロしているときにもLilyっ子が伸びるシステムを考え、稲刈りでコンバインを目で追いながらも数学の難問を別の方法で解けないもんかぁなと考え、車に乗るといつも英語が苦手な子にどうやって英語を教えるかを考えてます。

 

そのうち、よし!これをやってみよう!というアイデアを思いつき、実行すべくまた仕事にのめり込む。

 

 

最近はこんな感じです。

 

 

まぁ、長い人生、こういう時期も必要でしょう。

ということで、今日もまたよりよい教え方を探索してます。

 

 

そのためにも良い教材が必要なんですけれど、見つけるのが大変なので、自分で作っちゃおうとするタイプなのです。

 

それがやたら時間がかかる……。

 

でも、それを作ってるのも楽しいんですよね〜。

 

 

この仕事は一生続けても良いと思える仕事です。

 

親戚の子どもになんで何十年も働けるのかと問われたら「仕事が楽しくて、好きだから」と答えましょうかね。

「この記事、なんか良い!」と思ったらクリックしてください!
私のモチベーションが5上がります。
▼ ▼ ▼


高校受験ランキング

学習塾Lilyチャンネル

清水のフリートークの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG