伸びる生徒チェックリストは当たってる

新しく3年生がLilyっ子になりました。

9月以降にも塾を探してる子はいますね〜。

 

考えてみたら、去年は12月入塾もいたので驚くことではありませんね。

 

Lilyではまだまだ生徒募集しています。

と、いいたいところですが、そろそろ定員になっちゃいます。

 

去年は7月くらいに定員になっちゃってましたが、今年はまだですね。

コロナ禍のせいだということにしておきましょう。

 

 

一昨日、伸びる生徒のチェックリストを作りました。

関連記事

塾長コミュニティで集めた「こいつは伸びるぞ」と思わせる行動や人間性などを紹介します! ぜひチェックしてみてください。   勉強の仕方(ノート)編 間違えた答えを消さずに残しておく ノートを隙間なくびっ[…]

 

その中にあった「(伸びる生徒は)字が丁寧」という項目。

Lilyでは当たっているような気がします。

 

 

というのも、Lily1位のR君(2年生)のノートを見てみると、やはり字が丁寧です。

彼は小6の入塾時からずっとそうでした。

「途中式を過不足なく書く」とかも当てはまってます。

 

ブログに載せるために、英語も写真を撮らせてもらいました。

 

読みやすいですね。

これならスペルミスがあっても、すぐに見つけられます。

 

 

中学生の皆さんは、自分のノートと見比べてみてください。

字のうまさではなく「丁寧さ」を見てください。

 

相手に伝わるように丁寧に書いているかどうか。

 

丁寧に書こうが、雑に書こうが、答えがあっていれば丸はもらえます。

 

 

でも、丁寧に書くと入試以外でもいいことたくさんあります。

 

”丁寧→書くのが速くなる”は成り立ちますが、逆は成り立ちません。

 

ピアノの練習を思い浮かべてください。

 

”ねこふんじゃった”でも”大きなくりの木の下で”でも構いません。

最初はゆっくり1音ずつ丁寧に弾いていたでしょう。

でも、何度も何度も何度も繰り返すうちに、だんだん早く弾けるようになってきたでしょう。

そして、超高速のねこふんじゃったを弾いたことでしょう。

 

 

これは皆誰もが通る道。

そこで学ぶべきは”丁寧”→”繰り返し”→”速くなる”という順番です。

 

 

なんだって最初は丁寧に。

まずはそこから始めましょう。

 

 

「この記事、なんか良い!」と思ったらクリックしてください!
私のモチベーションが5上がります。
▼ ▼ ▼


高校受験ランキング

学習塾Lilyチャンネル

塾生の話の最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG