計算

中1の計算、甘く見るな。

 

 

ケアレスミスは誰でもします。

人間ですから。

でも、そのミスは減らせます。

 

何度も何度も繰り返すことです。

 

 

100回やって100回同じようにできるようになれば、ミスはほぼなくなります。

 

でも、中学生の計算を見ていると、同じ問題でも時間が経つと違う解き方をしたりします。

 

 

分数が入った計算問題で、分母が3と4の場合、12をかければ整数になりますが、それは方程式じゃないと12を掛けちゃ駄目です。

通分しないと駄目です。

それなのに、12をかけてしまったり。

 

 

かっこがある計算問題で、1回目はかっこの中を先に計算したかと思えば、2回目は分配してみたり。

 

分母が12で、分子が3a+5の場合、12と3aで約分して、分母を4にしてしまったり。

 

 

思い込みで間違っているわけではないようです。

解いている場面を見ているとわかります。

 

ペンを止めて、あれこれ考えながら解いているのです。

 

おそらく「あれ?このときは約分するんだっけかな」とか、やり方を思い出しながら解いているのでしょう。

 

でも、それじゃあ、駄目なんです。

計算問題は「どうやるんだっけ?」と悩んでる時点でアウトです。

 

 

英語を学習するとき、bとdの区別が曖昧な状態では先が思いやられます。

熟語だの文法だのを言う前に、bとdの区別をつけなさいと言われるでしょう。

 

 

数学では計算がそのくらい基礎なのです。

 

4x=2 の答えが「2」なのか「2分の1」なのか、解くたびに違う答えを出すようではまだまだです。

 

あいまいなのにその2択を当ててしまうと、そのまま先に行ってしまいます。

そして、いつか痛い目を見るのです。

 

 

 

そこで、もう一度チェックしてみました。

中1からの計算テストです。

1問間違えるごとに類題プリントが1枚追加されます。

 

 

3年生で、しかも上位高を狙う子にはその課題は必要ないかなと思いつつ、やってみたいと言うのでやらせてみたら、1枚目からミスしてました。

 

これはまずいと思って、全員に中1からの計算テストを課しました。

 

 

やってみると、出るわ出るわ、ミスの山。

ノーミスでクリアした人はいなかったでしょう。

 

 

Lilyっ子達は「計算問題なんて、いつだってできるよ」と思っていたでしょう。

 

私自身も、さすがに計算問題はミスしないだろうと思って、2乗に比例する関数を教えていましたが、茨城統一テストの結果を見て、抜き打ちで計算テストを実施して良かったです。

 

 

一つ疑うと、他にも疑いたくなりますよね。

 

ということで、英語の文法もやってみました。

 

 

こういうとき、一斉にできるのが集団授業のいいところですね。

 

そういえば、今日も3年生は全員集合。

 

計算テストの結果はさんざんでも、こういう姿勢は大いに評価したいと思います。

 

 

泣いても笑ってもあと半年……もありませんね。もう。

 

 

ここらでギアをもう一段あげますよ〜〜!

 

「この記事、なんか良い!」と思ったらクリックしてください!
私のモチベーションが5上がります。
▼ ▼ ▼


高校受験ランキング

学習塾Lilyチャンネル

清水のフリートークの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG