スマホの影響

ある3年生のご家庭で、土曜日の集団授業の参加条件をクリアすべく、「条件(課題)が提示されたら、それをクリアするまでスマホは没収」というルールを設定したようです。

 

そして、それが功を奏し、期限をあと2日残した状態で早々にクリア。

 

今回のクリアにより、既習範囲の英単語をほぼ覚えたことになります。

 

クリアしたらスマホをいじっていいかと言われたら、良いと答えます。

欲を言えば、クリアした先にも勉強をしてほしいのですが、いきなりそこを求めずに、まずは条件をクリアしたことを褒めましょう。

 

やることをやっていれば、その後何をやってもいいのです。

これは勉強に限らず、仕事でも何でも、人生において言えることだと思います。

 

 

たとえば、3日かけてやる仕事が1日で終われば残り2日は仕事をしなくてもいいし、60歳までに5,000万円貯めるという目標を50歳で達成したら10年を残して引退してしまってもいいと思います。

 

すべきことをしているのだから、そこに誰かが文句を言う筋合いがありません。

 

 

結局、クリアした人は、より先の目標に向かってしまうのが通常ですよね。

 

先程の例で言えば、1日で仕事を終わらせた人はその先の仕事もしてしまうでしょうし、50歳で5,000万円以上貯めた人も、60歳までにそれ以上に稼いでしまうと思います。

 

目標を達成したらそこで終りにするというのもまた難しく、なんだかんだ、その先も動いてしまうのが人間だと思います。

 

 

ということで、まずは目先の目標をクリアすること。

それだけで十分です。

約束通り、スマホは与えてOKです。

 

 

こんなことを言えるのも、そのご家庭がスマホを取り上げられるご家庭だからですね。

 

ここ1ヶ月、その3年生の伸びがすごく、もうじき3年生の学習内容を終えます。

 

 

これからは入試対策ばっかり。

 

つまり、楽しい時間の始まりです。

 

 

いち早くその体勢になれることは素晴らしいですね。

私も今後が楽しみです!

塾での出来事の最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG