触発

塾に入れば伸びていくかといえば、必ずしもそうとは言えません。

 

もちろん全員を伸ばすためにあれこれ対策をしていますが、塾講師として働いた15年くらいのなかで、受け持った生徒達全員を同時に伸ばしたことは1度もありません。

 

ほぼ全員、最終的には多かれ少なかれ伸びますが、時期はバラバラです。

大半は中3の後半で、ギリギリになって伸びる感じです。

 

 

そこまでずっと低空飛行することだってあります。

それでも塾を止めずに続けてくれている生徒さんや保護者様には頭が上がりません。

 

 

ある保護者様とのLINEでのやり取りの中で

数学に関しては、あれだけやった方程式が全滅で…。

というコメントがありました。

 

私が「おうちでも方程式の計算の練習をしてくれているのですね!ありがとうございます!」と返すと

 

お母様から「いえいえ、なんの成果も出せなかったですが…」と返ってきました。

 

 

自宅で勉強できるのが一番だと思います。

でも、自宅で勉強できる中学生って1割くらいじゃないかと思います。

 

勉強を教えてくれる兄姉や親がいたとしても、勉強しているうちに感情的になっていつの間にか臨戦態勢になっているなんていうことはざらにあるでしょう。

 

兄姉も親も教えるのには慣れてないと思います。

教わる方も「相手は気の許せる家族だ」と思っているので、それに甘えて反発したりするでしょう。

 

だから、たいていはうまく行かないと思います。

 

 

それでも、なんとかしようとするご家庭もあります。

今回LINEをくださったお母様もそんなご家庭を築いてくださっているのでしょう。

大変ありがたく思います。

(ちょっと申し訳なくも思います)

 

 

我が子の勉強に関わろうとするお母様。

その姿勢はきっと本人にも伝わっていると思います。

 

 

周りの皆が応援してくれている、と実感できるかどうかは、踏ん張らなきゃいけない場面で活きてきます!

応援してくれる家族がいるというのはかなり有利です。

今はまだ成果が出ないかもしれませんが、感謝の気持ちが芽生えたり、人間性が良くなると思いますので、結果に一喜一憂せずに続けていただければと思います。

 

 

私はそんなLINEを送りました。

 

 

その後、湧いてきたのは「私がやらないと」という感情です。

 

お母様の、子を想う気持ちに見事触発されました。

 

 

すぐに生徒達に配るプリントを作りはじめ、今日のうちに出来上がりました。

 

 

人はやっぱり、人との間の中で生きてるんだなぁと思った出来事でした。

清水のフリートークの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG