理想と理想

塾長コミュニティの中で興味をひくコメントがありました。

 

「自分(子供)の実力で、がんばればどこまで点が取れると思うか?」

親と子に別々に書かせると、必ず親の点が子供を上回るそうです。
中学に入ってから成績が落ちた子の場合は、それが顕著です。

 

親「うちの子は頑張れば90点は取れると思う」

子「自分は頑張れば80点くらいは取れるかも」

 

こんなふうに 親>子 になるそうです。

 

 

確かにそんな気がします。

 

だって、子供の思考回路の中に「90点取れると言ってしまったら、取れなかった時に責められるだろう」という考えが潜んでいると思うからです。

 

言質を取られることを嫌がる子供は、低めの点数を言うはずです。

 

 

対して親が言う点数には期待がいっぱい詰まっています。

「やればできる子」というのを信じてやまない親は、高めの点数を言うと思います。

 

 

かくいう私も一人の親です。

娘は何点取れると思うか?と尋ねられたら100点と答えます。

 

 

問題は 親>子 になることではなく、そうなってからの各々の対処法ですね。

 

 

娘が100点を取れると思っていても、実際に60点くらいだった場合、その40点を埋めるための行動が必要になります。

 

それは「自分が勉強を監視する」とか「塾に行かせる」とか「通信講座を始める」とか、なんでもいいと思います。

 

まずは何かをしないとと考えて、行動することが大事ですね。

 

 

 

親としてはそうですが、私には塾講師という一面もあるため、塾講師としてという考えも持たないといけません。

 

保護者様の「うちの子の”40点”を埋めるために塾に入れました」という声に応えないといけません。

 

 

さて、そこで何ができるか。

 

勉強させるとか勉強量を増やすしかありませんね。

 

 

そのためには叱咤や強制が手っ取り早いですが、それは最終手段に取っておきたいです。

その必要がないくらい自発的に勉強させたい。

 

 

そこで考えたのが集団授業を取り入れること。

自立型学習では見えにくいライバルとの差を感じさせたり、チームワークを意識させたりするのにはもってこいの形態です。

 

ただ内容は、一般的な集団授業塾とはちょっと違うかもしれません。

 

 

切りよく、夏休みが開けてからやればいいと言われるかもしれませんが、思い立ったら即行動の私です。

 

さっそく明日からやってみたいと思います。





「この記事、なんか良い!」と思ったらクリックしてください!
私のモチベーションが5上がります。
▼ ▼ ▼


高校受験ランキング

学習塾Lilyチャンネル

清水のフリートークの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG