やっぱりテストが必要だ

ゴールの見えないマラソンがあったら、間違いなく大半の人がペースを落とすでしょう。

それは動物的に正しい選択だと思います。

ゴールが見えないのに全速力で走り続けたら、下手すりゃ命を落としかねません。

 

なので、ゴールの見えないマラソンの場合はスローペースで無理なく走るのが正解です。

 

 

でも、受験はゴールが見えています。

だからもっと速く!と、本人ではなく保護者の方が焦るでしょう。

さすがに大人の方が視野が広いですからね。

 

 

例えば、運動会で綱引きをしている本人達には、どっちがどれくらい勝っているのかは把握しにくいでしょう。

周りで見ている人にとったらそんなの一目瞭然です。

 

 

当の本人たちは気づいていないけれど、周りの大人達は気づいている。

 

だからといって外野から声を張り上げても、目の前の綱を引いている本人達には聞こえません。

 

 

 

とはいえ、そのまま黙ってみているわけにもいきませんよね。

 

 

 

話の例をマラソンに戻します。

 

走っている本人達にはゴールはまだ見えません。

 

でも、今コース全体のどのへんを走っていて、何位くらいにいるかを伝えることができれば、もうちょっとペース配分も考えるようになるでしょう。

 

 

つまりは、今の偏差値を知ることが重要です。

 

そのためにはテストが必要なのです。

 

 

 

不運なことに、今年の中学生はまだテストらしいテストをしていません。

よって、今の位置がよくわかっていないでしょう。

 

 

結果、スローペースのままになっている中学生が多い。

 

 

このままスローペースの集団にいたらまずいと気づき始めている人もいますね。

そういう人は行動に現れます。

 

 

 

Lilyっ子はというと……

 

 

 

残念ながら、3年生はスローペース集団です。

 

1・2年生の方が頑張っています。

 

 

 

 

 

これは私が火をつけられていないということで、猛省すべきところです。

 

 

テスト結果を見て、火がつく人もいるでしょう。

 

もちろん心に火がつくのが理想ですが、お尻に火がついちゃう人もいるでしょう。

 

そうなったら「やらなきゃいけないからやるしかない!」と思えると思うので、それはそれで良いと思います。

 

 

きっかけはどうであれ、動き出す原動力になってくれれば構いません。

 

 

でも、私としてはそのテスト結果が出る前に、火を付ける働きかけをしたいと思っています。

 

私にとっての本当の勝負は、テスト結果が帰ってくる前。

つまり、ここ1、2週間が勝負ということです。

 

 

これが私の試練(テスト)です。

やっぱりテストは必要ですね。

「この記事、なんか良い!」と思ったらクリックしてください!
私のモチベーションが5上がります。
▼ ▼ ▼


高校受験ランキング

学習塾Lilyチャンネル

清水のフリートークの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG