着眼点

2歳8ヶ月の娘と遊んでいるときに思ったのが

「最近の本ってすごい」

ということです。

 

なんか規制がゆるくなって、付録が充実したっていうニュースは見たことありますけど、それとはちょっと違います。

 

 

私の記憶にある絵本は、絵と文字で構成されているシンプルなものです。

 

しかし、最近はギミックというのでしょうか、ちょっとした仕掛けがたくさんあります。

 

 

簡単なギミックはこれですね。

ページを開くというか、何というか…

こうなります。

言葉で説明するのが難しいので、写真にしました。

 

清水
百聞は一見にしかず!

 

このパターンはよく見ます。

「いないいないばぁ」とかも、この手法でできます。

 

 

ここまでなら驚きませんが、子供チャレンジについてきた本に驚きました。

一見何の変哲もない本。

これもさっきのと同じように開けます。

 

ん?なんだ?

なんか変だって思いますよね。

 

実はこれ、立ち上げて90度にすると……

 

なんと、立体的になるのです。

さらにビルを高くすると……

 

大変です!火事です!

 

ねじねじブロックで作ったはしご車の出動です!

 

 

という具合です。

 

3枚の平面で立体を作れるということが学べます。

子どもが学んでいるかどうかは定かではありませんけれど……

 

この仕組を考えた人はすごいなぁと思います。

 

こういう着眼点、見習いたいものですね。

お気楽編の最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG