今度の入試の範囲について

今年は入試の範囲が狭くなる?

そんな情報が飛び交っています。

 

で、実際に東京都は狭くなるようです。

それも仕方のないことでしょう。

6月の現在でも通常登校がままらないのですから。

 

茨城県はどうでしょう。

すでに通常登校が始まっています。

また、入試の範囲を狭くするのであれば、夏休みを削る必要もなくなってしまうのではないかと思います。

 

夏休みを削るからには、今までの穴を埋めようということだと思うので、入試範囲も今までのままっていうほうがいい気がします。

 

 

ちなみに、入試範囲が例年より狭くなると……

  1. 例年の過去問が使えない
  2. 未就学の部分ができて他学年に比べて不利

という事態になります。

 

過去問には中3後半でならう英語の関係代名詞や、数学の三平方の定理を使った問題が必ずあるので、今年それを教えない状態で解かせるのは無理なわけです。

 

 

 

未就学の部分は入試には出ないので入試こそ問題はありませんが、その後、大学受験までには詰め込まないといけませんので、負担が後ろにかかるだけになります。

 

今年の中学3年生の負担を減らそうとしても、それは今減っているように見えているだけであって、先送りしたに過ぎません。

これが本当に中学3年生のためになっているのかどうか……。

 

 

ここ茨城県は、入試の範囲は例年通りになるんじゃないかなと予想します。

が、私の予想はことごとく外れるので、なんともいえません。

とりあえず、どちらになってもいいように、進められるだけ進めるに越したことはありませんね。

 

 

 

休校期間中に、Lilyの3年生達は数学では平方根の学習を終えて、2次方程式の計算も終えています。

 

清水
全員ではありませんが

 

これは例年であれば1学期に学習する内容です。

このペースなら、例年通りの範囲でも問題なく対応できるでしょう。

 

 

でも、中学生全体を見ると、そこまでできている子の方が少ないと思うので、茨城県は入試範囲を狭める選択肢をとるかもしれませんね。

学力向上に向けた意気込みからすると、狭めない気がしますけれど……

新型コロナの第2波なども読めないので、なんともいえません。

 

 

いずれにせよ、入試を成功させられる人は「準備を怠らなかった人」ということに尽きるでしょう。

 

 

学校が再開して、部活動も始まって、さらには暑さも手伝って、疲れが溜まって大変な時期。

だからこそチャンスですね!

「この記事、なんか良い!」と思ったらクリックしてください!
私のモチベーションが5上がります。
▼ ▼ ▼


高校受験ランキング

学習塾Lilyチャンネル

清水のフリートークの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG