バッテリー

iPhoneを使っている人は知っているかもしれません。

「充電しても80%にしかならない」ということを。

 

バッテリーを長持ちさせるためにiOSアップデート時に入れた機能のようです。

 

「充電がすぐなくなる」というのはバッテリーが劣化している証拠です。

 

バッテリー劣化は必ず起こりますが、そのスピードを遅くさせることは可能です。

 

 

バッテリー劣化にとって良くないのは過充電と完全放電です。

 

 

過充電とは100%になってもまだ充電器を挿しっぱなしにすること。

完全放電は充電を0%にしてしまうことです。

 

 

友人Y
完全に使い切るのが良いって言ってなかった?

 

清水
それは今や昔の話

 

昔の電池ではそうでした。

100%から0%になるまでの時間をPCが計測し、それによって「あと何分使える」と表示してたからです。

その計算をするために、100→0までの時間データが必要でした。

 

100→40→100→80→100→…と、ちょこちょこ充電してしまうとPC側も「0になるまでに何分かかるかわかんないよ!!」となってしまうわけです。

だから、使い切ってから完全に充電させるという手法がバッテリーを長持ちさせるとして広まりました。

 

 

でも、今の電池は当時のものとは違います。

使い切っちゃ駄目なのです。

 

 

そして、良くないのが100%の状態でも充電器を挿したまま使うことです。

充電器を外して使用すると1%減るシーンで、充電器を挿したら?

 

友人Y
100%まで充電される

 

そうです。

ちょっとでも減るとすぐ充電します。

それを繰り返すのです。

 

 

人間で例えると、お腹いっぱいの状態で、5分後くらいに「あと1口くらいなら食べられるな」という状態で、本当にあと1口食べちゃう。

それをずっと繰り返す。

 

清水
常に満パンの状態
友人Y
それはきついな
清水
動けなくなるでしょ

 

ということで、腹八分目がちょうどいいのは人間と同じです。

 

 

ただ、実際に80%までだと20%少ない分、使える時間が減っちゃうと思いますよね。

そこは天下のappleです。

 

実はこれは規則正しい生活を送っていると恩恵を受けられます。

 

友人Y
なんで?どういうこと?

 

毎日22時に寝て6時に起きる生活をくり返してるとします。

そうすると、iPhoneがそれを理解して「あ、この人は6時に活動を始めるな。それなら、6時ぴったりに100%になるように充電しよう」としてくれるのです。

 

 

つまり、夜中の3時くらいには80%のままです。

そして朝5時45分頃「よし、今から完全に充電させれば6時に100%になるな」と考えて、充電を始めます。

 

 

そうすると100%の満腹状態でいる時間がほとんどなくなるということです。

 

友人Y
頭いいな

 

 

結果、バッテリーも長持ちするので、かなりいい機能なのですが……。

 

友人Y
問題があるの?

 

清水
一般人に理解されにくいこと

 

 

「なんでこれ100%になんないんだよ!壊れてる!」って言ってクレームにする人が少なからずいると思います。

 

 

「自分がしたいときに100%にできないんだから、使いにくい!」とか。

 

友人Y
言うね、俺なら

 

なので、せっかくの機能も、知識がないと無駄どころか、逆に悪い結果になってしまうという。

 

 

清水
やはり教育は必要

 

学校を卒業しても勉強は必要ですね。





「この記事、なんか良い!」と思ったらクリックしてください!
私のモチベーションが5上がります。
▼ ▼ ▼


高校受験ランキング

学習塾Lilyチャンネル

清水のフリートークの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG