ドラゴン桜2

ドラマ化されたドラゴン桜、現在は続編が漫画で連載されています。

 

作者の三田紀房さんはかなりのやり手で、面白い話を計算して作ってます。

 

そんなドランゴ桜2の最近のワンシーンを紹介しましょう。

主人公の桜木と、対立する理事長との話し合いのシーンです。

 

桜木が理事長に問います。

「改めて聞くが、教育の本当の目的とはなんだ」

 

理事長が答えます。

「子どもたちを優秀な人間に育てることに決まってるでしょ」

 

その答えに対し、桜木は「違う」と反論します。

 

 

教育の本当の目的とは「できない子供をなくすこと」だ!

 

 

詳しくはドラゴン桜2を見てほしいのですが、「できない子供がいなくなる=国民の大多数が一定レベルの基礎学力を身に着けているほうが国民生活が豊かになる」ということです。

例として宅配便が翌日に届くのはドライバーが優秀だから、といった例が挙げられています。

 

 

 

 

「人を傷つけない」「人のものは盗らない」といった道徳的な面と、加減乗除の計算ができるといった勉強面をひっくるめて教育。

 

やっぱり教育って大切ですね。

 

塾は勉強面が得意です。

 

 

道徳的な面は家と学校に期待しますm(_ _)m

娘は朝からこんなにぐうたらしてますが

我が家でも、娘の道徳的な面の教育をがんばりますゆえ!

清水のフリートークの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG