not

自分が習った時代と今の時代の教科書は少し違っています。

 

最近は No, she isn’t よりも No, she’s not の表現の方が多いように感じます。

 

書き言葉では No, she isn’t.で、

話し言葉では No, she’s not.が使われるという認識でした。

 

 

話し言葉の場合、視覚からの情報はなく、耳から聞こえる音で判断するため「否定の意味の単語であるnot」をよく聞こえるように「she’s not」の方が多いのかなぁーくらいで思ってました。

 

友人Y
she is. と she isn’tって聞き分けにくいな、たしかに

 

だけど最近は、書く場合もshe’s notだそうで。

 

友人Y
どうせなら話し言葉も書き言葉も同じ方がいいじゃん

 

清水
そりゃそうだね

 

私はshe’s notに統一されるのは歓迎です。

 

 

not 〜 = 〜ないという否定の意味

という認識で、がんがん話しまくってもいいと思うんですよね。

 

 

2歳6ヶ月の娘は「〜ない」とつけると否定だということを理解しているようで

「ごはんたべるない」

「はみがきするない」

と言いますが、十分通じます。

 

 

まだ活用ができないので「はみがき『し』ない」のように変化させられないのです。

 

清水
そこが可愛い

 

 

言葉って、こんな感じでいいんじゃないかなと。

notをつけておけば否定っていう意味で通じるってくるらいなら、英語を習いたての人でもガンガン話せると思うんですよね。

 

友人Y
いいと思う

 

清水
じゃ、君も一緒に英語を勉強するかい?

 

友人Y
勉強するない

 

 





「この記事、なんか良い!」と思ったらクリックしてください!
私のモチベーションが5上がります。
▼ ▼ ▼


高校受験ランキング

学習塾Lilyチャンネル

清水のフリートークの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG