新年度9月開始は難しい

一時的に「9月新年度開始」という風が吹きましたね。

 

現在、日本では4月から年度が開始されて、3月に終了します。

ちょうど桜の季節に、別れと出会いがあって情緒的で良いなぁと思っています。

 

 

でも、海外に目を向けると9月から新年度開始が多いようです。

 

そこで度々「新年度開始は9月にすべき」という議論が巻き起こるのです。

 

今回は新型コロナの影響で、4月5月が休校ですし、このまま終息するかもわからないので、思い切って8月まで休校して9月から新年度にしちゃえばいいじゃない、という意見が出てきたのです。

 

友人Y
いいんじゃないの?

 

しかし、そう簡単にはいかないのです。

 

 

具体例で考えましょう。

2019年の9月にアメリカでは新年度がスタートします。

そして、2020年の4月に日本で新年度がスタートします。

ここですでに7か月スタートが遅れているのです。

 

 

友人Y
そうなんだ?4月の方が9月より早い気がするけどな〜

 

 

この状態で、日本が2020年の4月ではなくさらに5ヶ月遅れて9月スタートにしたら、アメリカとは1年ずれてしまいます。

 

友人Y
周回遅れになっちゃうのか

 

 

なので、9月新年度という話は本来であれば、海外との7ヶ月遅れを取り戻すべく、4月→3月→2月→……→10月→9月と、約半年を「前倒し」して海外に合わせるという予定でした。

 

 

しかし、ここ最近の急に出てきた9月新年度説は4月→5月→……→8月→9月の後ろ倒しということで盛り上がってます。

 

 

 
もし、今回9月新年度になった場合、例えば今の高3生は来春の2021年3月に卒業せずに8月に卒業ということになるので、予定より約半年遅れます。

 

 

海外に無理やり合わせるのであれば、現小学1年生を2020年9月スタートにすると同時に、もう一つ下の学年も2020年9月にスタートしないといけません。

 

 

そうすると今年だけ小学1年生が2学年分あるという事態に。

 

 

そうすることで、これからの小学生(2020年に幼稚園年長さん)は海外と同じになりますが、「現在の学生達は1年遅れのままでごめん!過渡期だから許して」ってことになります。

 

 

そこで取る手法はいくつかあります。
  
今回9月スタートにして海外より1年周回遅れが日本のやり方と開き直る。

遅れが嫌なら、飛び級制度をありにして、できる子にはどんどん進ませる。

 

それが無理なら、初回は小学1年生を通常の小学1年生と、通常であれば幼稚園の年長さんを1年生にして、年長さんの世代以降は海外と同じ周回に無理やり合わせる。

 

 

 

などなど、しわ寄せはいろんなところに来ます。

 

 

 

いずれにせよ、この短期間で解決できる問題じゃなさそうです。

 

 

今、自分が大学4年生だったらどう思いますか?

本来は4月にスタートするはずだったのが、約半年遅れて9月スタートになります。

2021年3月に卒業してその後就職してお金を稼ぐつもりが、2021年の8月に卒業になります。

 

友人Y
働きたくないから、後ろ倒しは助かるね

 

清水
君みたいなやつも9月新年度開始説に飛び乗ってそうだね

 

 

私の予想では、9月新年度開始は無理でしょう。

なんとかして、3月に今年度を終わらせると思います。

よって入試も通常通り3月にあります。

 

 

すでに3ヶ月遅れています。

 

これに気づけているかどうか。

 

 

未来は僕らの手の中に。

清水のフリートークの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG