人間だもの、人間だけど

「菜の花、ずいぶん長いね~。桜に比べて」

いまだに景色を彩る菜の花を見て、私はそう言いました。

 

「ほんとだよね」

と、妻が返しました。

 

日本語では主語が省略されることがあると習います。

確かにいちいち主語を言わなくても分かるでしょって思うシーンもたくさんあります。

 

 

今回の話をAIロボットとしていたらどうなんだろうと考えてみました。

 

おそらく私の「菜の花、ずいぶん長いね」という発言を、AIロボは「菜の花は長い」と認識するのではないでしょうか。

物理的な長さのことですね。

菜の花はタスキよりも長い、みたいな。

 

でも、私が言ったのはその長さではありません。

期間的な長さです。

 

咲いている期間がずいぶん長いなぁと思って発言しました。

 

 

これを読み取るのって、結構難しいのかもしれませんね。

テレビを見ていると( )つきでテロップがついています。

 

今回の例でいうと「菜の花、(咲いている期間が)ずいぶん長いね~」となるでしょう。

 

この( )を補う能力ってなんなんでしょうね。

今後はAIでもできるのかもしれませんが、現時点では難しい気がします。

 

 

清水
だって人間だってわからない人は多いし

 

 

AIスピーカーのアレクサに「アレクサ、今日の天気は?」と聞くと、教えてくれます。

「アレクサ、目覚めの曲を流して」と言えば、「朝に聴くクラシック音楽」を流してくれます。

 

だいぶ会話が成り立っています。

 

 

「アレクサ、コナンの正体は?」と聞くと、それについて延々と説明してくれます。

でも、「もう止めて」という意味で「アレクサ、ありがとう」を言っても通じません。

 

「説明は十分、もうわかった。そこまで説明してくれてありがとう」、のありがとうをまだ理解できないみたいですね。

 

 

AIには皮肉も通じないでしょう。

 

 

お土産を「つまらないものですが」と言って渡す日本の謙遜の文化も理解が難しいようで、「つまらないものなら持ってくるな」とか「つまらないものを渡すな」と言う人だっているくらいですからね。

 

人間でも、伝わらない人はいっぱいいるのですから、AIにはまだまだ無理ですね。

 

 

AIにはなかなか伝わらない、人間ならではの微妙なニュアンスは大事にしたいものです。





「この記事、なんか良い!」と思ったらクリックしてください!
私のモチベーションが5上がります。
▼ ▼ ▼


高校受験ランキング

学習塾Lilyチャンネル

清水のフリートークの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG