ロケットを教えよう

2歳5ヶ月の娘は音の出るおもちゃを持っています。

ボタンを押すと「あ」とか「ぬ」とかを発声してくれるおもちゃ。

単語も発声してくれます。

「さ」には「さる」が描かれていて、ボタンを押すと「さる。ウキ~~っ」と音がでます。

 

アルファベットもあります。

Rにはロケットの絵が描かれています。

押すと「ゴォーーーー」と、ロケットが発射する音が出ます。

 

 

ここで、私は思いました。

「ロケットを知らない娘は、この音が何なのかも理解できていないんじゃないだろうか」と。

 

一度でも、ロケットの発射シーンを見れば「あー、あの音ね」ってなりますが、それを見たことがない幼児には音と映像の連想ができません。

 

 

そこで私が取り出したのはアップルTV。

テレビでYouTubeを流しました。

もちろん画面にはロケットの発射シーンが写っています。

 

これを見せながら「これがロケットだよ~。ゴォーーって音を立てながら、高いところまで飛んでいくんだよ。すごいね~」と娘に話しかけます。

 

 

清水
現代って、便利

 

これ、YouTubeがない場合はどうやっていたのでしょう。

テレビで偶然ロケットの発射シーンが映されたときに「あ!あれ!あれがロケット!!」って言うしかなさそうですよね。

 

 

清水
現代人で良かった

 

今の子は、こうやって音と映像の連想も幼い時代から可能なわけですから、そりゃ賢くなりそうですよね。

 

 

……実際は、どうなんでしょう。

 

 

そういうのができる環境になってる、というだけで、活かせないことも多そうです。

今は余裕があるのでそうやってできますけれど、兄弟ができたり、仕事が忙しかったりと、環境が変わっていったら、同じことができるかはわかりません。

 

 

そのときそのとき、してあげられることを最大限にしてあげるのが一番ですかね。

 

 

 

その後、娘は「ロケット見たい。ロケット」と頻繁に言うようになりました。

 

興味を持てたってことで、良いことですね!(^^)

「この記事、なんか良い!」と思ったらクリックしてください!
私のモチベーションが5上がります。
▼ ▼ ▼


高校受験ランキング

学習塾Lilyチャンネル

清水のフリートークの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG