国語の偏差値76

1月26日に実施した茨城統一テストで、2年生の女の子が国語ですごい得点をとりました。

なんと偏差値76!!

 

 

グラフも完全に振り切っちゃってます。

 

読書が好であれば国語ができるとは限りませんが、国語ができる子はほぼ全員読書好きです。

この子も例にもれず。

 

理系の鍵が算数ならば、文系の鍵は国語でしょう。

 

算数好きは計算が速いように、国語好きは読むスピードが速いです。

たくさん読書しているうちに見についているのでしょうね。

 

 

この話をLily内でしたとき、「私も絵本は好きでした」という子がいました。

清水
いいね

絵本の延長に読書があるわけですから、入り口としては良いと思います。

ただ、その子の興味は絵本で終わったとのこと。

 

清水
うーん、もったいない

 

絵本ではだめな理由が「絵本では嬉しい、悲しいという感情表現が直接書いてあるから」ではないかと思っています。

小説になると「太郎はぐっと唇を噛み締めた」という表現になります。

直接「悔しい」とは書いてないんですね。

太郎の行動から、悔しいんだなという感情を読み解かないといけません。

 

 

この行動から感情を読み解くというのが、読書好きには自然にできてるんじゃないかと思います。

 

 

行動からの感情の推測。

これは日常でもやっていることだと思います。

 

例えば、誰かが扉を思い切りバタンと閉めるのを見たら「怒っているのかな」とか「お腹がいたくて急いでいるのかな」とかいろいろ推測するでしょう。

 

これが文字になったときにもするかどうか。

 

 

浴びるように活字を読んでいる子は、それが自然にできています。

だから、国語の勉強をしなくても得点がとれるのですね。

 

 

今日からでもいいから、毎日読書をするのはとても良いと思います。

でも、国語の点数を上げるための読書は面白くないでしょう。

 

本来、本自体が面白いものです。

点数のことは少し忘れて、その本の世界に没頭してみてはいかがでしょう。

塾生の話の最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG