鬼のパンツ

鬼のパンツはいいパンツ 強いぞ 強いぞ

この歌詞を見てメロディが思い浮かびますか?

 

私は逆に、メロディを知っていて、最近になって歌詞を知りました。

もともとは「フニクリ・フニクラ」というイタリアの大衆歌謡だそうです。

それに日本語を当て「鬼のパンツ」という動揺になり、日本でも広まったということみたいですね。

 

おそらく誰もが一度は聞いたことがあるメロディです。

よくテレビCMでも使われるのですが、私が一番印象に残っているのは

中山秀ちゃんに似ている香田晋が

からあげ〜 おいしく作るなら もみもみ〜 もみもみ〜

と歌っていたCMです。

 

私の妻は「山一證券のJ窓口」のCMだそうで。

年齢によって思い浮かべるCMが違うみたいですね。

 

他にも「ゼナ」や「ハワイアンズ」などもあり、皆どれかには引っかかると思います。

 

 

このフニクリ・フニクラというのはもともと観光地を盛り上げるためのPRに作られたそうです。

つまりCMってことですね。

1880年にできた世界初のCMソングらしいのですが、それが今でもこうやって使われているのがすごいですね。

やはりメロディの持っている力というのは計り知れませんね。

 

 

我が子4人を全員東大に入れたという佐藤ママさんが、3歳までの幼児教育としてしていたことの記事を読みました。

「絵本」と「動揺」だそうです。

 

ん?

ちょっと待って。

これ、うちの子もしてる!

 

2歳3ヶ月の娘は、文字は読めないのですが、毎日聞いているせいか絵本の内容を覚えてしまって、自分で絵本を読んでます。

「歯磨きごしごし、雷ゴロゴロ」とかそういう簡単な文ですけど。

絵本を私に読んでくれてます。

 

こりゃ〜、うちの子も将来は東大生ですね!(笑)





「この記事、なんか良い!」と思ったらクリックしてください!
私のモチベーションが5上がります。
▼ ▼ ▼


高校受験ランキング

学習塾Lilyチャンネル

お気楽編の最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG