今は一時か恒常か

年が明けて2日目。

のんびりと平和な時間が流れます。

 

でも、これも実は当たり前じゃなくて特別なのかなぁと思うようになりました。

 

原因は「歴史を勉強したから」です。

勉強を教える立場である以上、自分も勉強をしないとというのではなく、ただただ面白そうだからと思って、最近は歴史の参考書を読んでいました。

 

読み物の一つとしての歴史書。

聖徳太子の頃はまだまだフィクションの香りがします。

現代から見れば、戦国時代も物語として楽しめます。

 

でも、時代が明治や大正になってくると、嫌でも現在とのつながりを認識されられます。

 

今では「選挙に行きなさい」と言われると面倒だと感じてしまう選挙権も、昔は皆が欲しがったもの。

 

戦後の日本にはアメリカの影響がものすごく大きく残っていることも歴史を勉強すればわかります。

 

政党政治も歴史の長い年月から見るとつい最近取り入れられた新しいシステムで、現在もまだ未完成だということ。

 

年金がどうのこうのと騒いでいても、それも最近できたシステムで未完成なものだから、そりゃあいろいろと騒ぎがあるなぁと思います。

 

今まで生きてきた世界が当たり前だと思っていましたが、ここ2,30年が安定しているように見えるだけです。

クリスマスをお祝いするのなんて、私が小学生の頃にもあったので、ずーっとあるものだと思ってましたが、歴史を見ると、それは本当にごく最近なんですね。

 

もしかしたら、そのうち無くなるかもしれませんし、無くなっても歴史の流れからすると何ら不思議はありません。

 

だって、ずーっと続いているものなんて、そうそうありませんからね。

どの国の政治制度も、貨幣も変わってきてます。

変わらないものと言えば「西暦」くらいでしょうか。

 

日本の場合は太陰暦から太陽暦に変わったのだって、明治時代のようです。

天皇制度はずっと続いてますが、天皇が政治に口を出さず、国民の象徴となったのも戦後のことです。

 

そう考えると、世界には変わらないもののほうが少ないということです。

 

考えてみたら、お正月に実家に集まっておせちを食べる文化だって、すでに変わってきてますしね。

お年玉の文化もそろそろなくなってしまうのでしょうね。

すでにお年玉は電子マネーになっている家もあったりして。

 

 

そんなことを考えながら、お正月2日目が過ぎていきました。

清水のフリートークの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG