塾業界、AIを加速せよ

本日は、前回の茨統を返却しながら、冬期講習での課題を伝えました。

 

11月に実施したテストなので、そこから1ヶ月経っています。

3年生は特にこの1ヶ月間で急激な伸びを見せています。

 

となると、その結果を見て、例えば「社会の一問一答が必要だね」となっても、「もうそれはこの一ヶ月ですでにしました」という状況も起こり得るのです。

 

つまり、返却が遅いのです。

清水
すみません

 

冬期講習直前に返した方が、冬期講習を頑張る気になるかなと思ったからなんですけれど……。

 

そもそも、テストが終わってから2,3週間くらい経たないと帳票が出ないっていうのが、すでに遅いんですよね。

採点がある以上仕方のないことですが。

 

でも大学入試のセンター試験のように、すべてマークシートにするとか、オンラインで解答を送るというシステムになれば、即時採点ができると思うんですよね〜。

遅くとも翌日には結果がでるくらい。

それくらいのスピードがあれば便利なんですけどね。

 

 

今のシステムだと、自分の答案用紙のコピーを見ても「なんでこんな答え書いたんだっけ?どんな問題だったっけ?」という具合です。

下手したら「俺、こんなこと書いた記憶ないんですけど」という生徒もでてきてしまいます。

 

 

これだけAI、AIと騒いでいるのに、未だに塾業界はAI化が進まない感じがします。

 

清水
はやくやってくれないかなぁ

他力本願で待ちたいと思います。

「この記事、なんか良い!」と思ったらクリックしてください!
私のモチベーションが5上がります。
▼ ▼ ▼


高校受験ランキング

学習塾Lilyチャンネル

お気楽編の最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG