ちゃんと漢字で発音しましょう

英語はアルファベットしか使いません。

日本語のように平仮名、カタカナ、漢字の3種類を使い分けることはしないのです。

一度は皆思うでしょう。

「アメリカの子どもは新聞を読めるの?」

友人Y
思ったことなかったよ

 

日本では難しいですよね。習ってない漢字がたくさんあるのですから。

でも英語ならできそうですよね。

 

私もそれについて考えたことがあるのですが、すぐに答えが出ました。

「読めるけど、読めないだろう」と。

 

友人Y
どういうこと?

 

書いてある文章を発音することはできても、理解することはできないということです。

 

日本語で考えてみればわかりますよ。

平仮名なら小学1年生なら読めますよね。

そこで、新聞の内容をすべて平仮名で書いてみましょう。

「たいせんかん、はんぐんやとうのかいとうもうしたてへ せいとうほういはんにんてい」

友人Y
さっぱりわからん

 

ね?

これが読めるけど、意味がわからない状態です。

 

漢字を混ぜて書いてみます。

「タイ選管、反軍野党の解党申し立てへ 政党法違反認定」

 

タイの選挙管理委員会が、反軍野党の解党を申し立てたんだな。

反軍野党っていうのは「軍隊を反対する野党」なのか「反軍」という党名の野党なのかはよくわからないけど。

政党法という法律を違反したと認定されたのかな。

 

ということを考えられると思います。

これは記事のタイトルだけなので私もよくわかりませんけれど。

タイで選挙があって揉めているというのはわかります。

 

でも、さっきの平仮名では全くわからなかったでしょう?

 

平仮名ばかりで書いてあるので発音はできますが、内容は理解できません。

これがアルファベットしか使わない言語であっても、子どもが新聞を読めない原因だろうなと考えて納得しました。

納得したので、それが本当かどうかまでの検証をしていませんけれど、まぁ、皆に納得してもらえると思うのでこの辺にしておきます。

 

 

こうやって平仮名ばかりで考えていると、理解しにくくなってしまうと思うんです。

墾田永年私財法だって「こんでんえいねんしざいのほう」と書かれたら意味不明です。

音の響きで覚えるしかありません。

でも漢字を見れば「開墾した田んぼは永年 (永久の年=長い間)、私の財産とする法律」ということがわかります。

噛み砕いて「新たに土地をたがやしたら、その土地は永久に自分のものでいいという法律ね」と理解すれば忘れないでしょう。

 

 

普段、平仮名で言葉を発する子は要注意です。

ちゃんと漢字で発するようにしましょう。

友人Y
漢字か平仮名かなんて聞き分けられないでしょ

 

音になった時点では、それが平仮名か漢字かはわかりませんが、その前の瞬間、その言葉を発する人の頭の中では漢字になってるかどうかはその人自身にはわかるはずです。

 

レインと言うかrainと言うかは発音を聞けばなんとなくわかりすよね?

友人Y
日本語と英語だしね

 

でも、平仮名と漢字はどちらも日本語だから難しいと思いますよね。

友人Y
難しいでしょ

 

じゃあ当ててみてください。

次の言葉は漢字で言ったでしょうか?平仮名で言ったでしょうか?

 

「このトイレは臭いを”ヨクセイ”するために、人がいなくても水が流れることがあります」の”ヨクセイ”はどちらでしょう?

友人Y
漢字

 

清水
正解!

 

ほらね、わかるでしょ?

友人Y
確かに

 

たいてい熟語を使う人は漢字が頭に入ってるのです。

熟語を使わないでも言えます。

「このトイレは臭いを”おさえる”ために、人がいなくても水が流れることがあります」

友人Y
こんどは平仮名
清水
正解

 

 

こうやって熟語を使わずに言うこともできるため、意識しないと簡単な方に流れちゃうのが人間なのです。

だから、普段からちょっとだけ意識して、背伸びした熟語も積極的に使ってみてください。

 

それが暗記に繋がっていきます。

 

ちなみに、この話はどこでひらめいたでしょう?

友人Y
ファミリーマートのトイレ
清水
正解

 

 

抑制という文字を見て「抑制栽培」「促成栽培」とどんどん脳内連想ゲームが始まったときに思いついたのです。

促成栽培も「促成」の意味がわかってればすぐに覚えられるのになぁ。

中学生の頭の中では「そくせー栽培」になってるんだろうなぁと思ったのです。

促成の意味を「成長を促す」ときちんととらえていればわかりますけど…「促す」も読めるか心配です。

 

 

暗記ができないって嘆く前に「いやそもそも熟語の土台はできてるの?」と考えてみてください。

 

語彙力は普段の生活の中で育まれると思います。

お家の方も、子どもの学年に合わせた言葉を使うように心がけてみてください。

塾や学校を休む時、いつまでも「お休みの連絡」では駄目ですよ。

「欠席連絡」と言わないと。

 

 

やはり親も日々勉強。

皆で勉強がんばりましょう!

「この記事、なんか良い!」と思ったらクリックしてください!
私のモチベーションが5上がります。
▼ ▼ ▼


高校受験ランキング

学習塾Lilyチャンネル

役に立ちそうな話(心得・思考)の最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG