2つの後悔

してしまった後悔と、しなかった後悔。

どちらも後悔には変わりませんが、後を引くのは「しなかった後悔」です。

 

 

なぜなら、しなかった後悔には「もしあの時していたら、こんな現在・未来になっていたのではないだろうか」という幻想がついてまわるからです。

 

それなら、してしまった後悔だって「もしあの時していなかったら」となるので、同じだと思いますよね。

でも、人はしてしまったことに対しては「してしまったんだから、仕方ない」と諦める方が多いのです。

 

諦められればそこで考えることを止められます。

諦められないから、ずっと考えてしまうんです。

 

 

例えば、好きな子への告白。

告白して振られてしまった人は「してしまった後悔」となります。

「あの時、告白してしまったから、振られて、今でも一人……」と考えるでしょう。。

そして「あの時告白していなかったら、どうなっていたんだろう」と考えるでしょう。

でも、「告白してなかったら、付き合いが始まるわけもないんだし、今とそんなに変わらないか」と諦められます。

「告白しなかったら」という仮定に対する答えを出せているのです。

 

 

それに対し、逆は違います。

告白せずに「しなかった後悔」として残っている人の方も考えてみましょう。

こちらは「告白しなかったから、今も一人……」と考えるでしょう。

そして「あの時、告白していたら、どうなっていたんだろう」と考えるでしょう。

そのとき「告白してたとしても、どうせ振られたから、今とそんなに変わらないか」となるかと思いでしょう?

 

 

ところが、そうなりにくいんです。

「どうせ振られただろうな」と思いつつ、「いやもしかしたらOKされてたかも。そしたら今頃……」という妄想が続きます。

 

告白して振られた方は、実際に振られているので「いや、もしかしたらOKされてたかも」なんて思いません。

だって、振られた事実があるのですから。

 

それに対し、しなかった方がその事実がないので「もしかしたら」がずっと消えないのです。

「どうせ振られてたよ」と口では言っていても、淡い期待はずっと持ち続けてしまうものなんです。

 

 

なんだってそうです。

英検3級を受けた人と受けなかった人。

受けた人が落ちた場合、その資格はもらえません。

その人は「受けなかったら、どうだったんだろう」なんて考えません。

受けなきゃ当然、資格はもらえないことがわかるからです。

 

 

受けなかった人は、もちろん資格はもらえません。

でも、その人は「受けていたら、どうだったんだろう」と考えてしまいます。

「もしかしたら」という淡い期待は消せないのです。

これを、その後の人生でずっと引きづることになります。

 

「もしかしたら、受けていたら資格がもらえていたかもな……」

 

こちらは「資格を持っていたかも知れない未来」の幻想を捨てきれないのです。

 

 

だから、するかしないかで迷ったときは、する方をおすすめします。

 

そりゃそのうち「しなけりゃよかった」と思うことも多々あるでしょう。

 

でも、人生が終わる時を考えると「すれば良かった」と言いながらあの世に行くのと「しちゃったんだから、仕方ないよな」って言ってあの世に行くのでは後者の方が幸せな気がするのです。

人生やりきった感がでますよね。

 

繰り返しになりますが、行動した方が良いのです。

取り返しのつかない出来事なんてそうそうありませんので、どんどん行動して、どんどんチャレンジして「しなかった後悔」の少ない人生をおすすめします。



「この記事、なんか良い!」と思ったらクリックしてください!
私のモチベーションが5上がります。
▼ ▼ ▼


高校受験ランキング

清水のフリートークの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG