脳内をのぞく中2の問題

  • 2019年11月26日
  • STUDY

近くにお子様がいたら、問題を出してみてください。

 

中学2年生の社会の問題です。

1.室町時代になると、産業や流通が発達し、交通のさかんなところでは(  )とよばれる運送業者が活躍した。

ア 惣(そう)  イ 土倉(どそう)  ウ 馬借(ばしゃく)  エ 酒屋(さかや)

 

2.インドネシアやタイなどの東南アジアの10カ国は、1967年に結成された(  )とよばれる組織に加盟している。

 

3.アマゾン川の流域で深刻化している環境問題は何か。

ア 砂漠化  イ 熱帯雨林の破壊  ウ 酸性雨  エ 地球温暖化

 

中2理科

4.次の(  )にあてはまる言葉を書きなさい。

化学変化によって、原子はそれ以上に分割(  )。

 

 

中2数学

5.次の文の正誤を答えなさい。

上図の∠xは296°である。

 

 

これらの問いに答えた時、その理由を聞いてみてください。

「なんとなく」で選んでいる生徒が非常に多いことに気付かされると思います。

 

AだからBという論理的な考え方をしないと、暗記は非常に難解なものになってしまいます。

 

 

例えば、次の文の重要語句を暗記するとします。

マルコ・ポーロが東方見聞録の中で日本を黄金の国ジパングと紹介した。

中学生にとって難しいのは「東方見聞録」です。

 

黄金の国ジパングは、印象に残りやすいです。

黄金という言葉がすぐにイメージできますからね。

ジパングも、ジャパンから考えればすんなり入ってくるでしょう。

 

東方見聞録が覚えられない子は、丸暗記しようとする子です。

賢い子の思考回路は違います。

賢い子は東方見聞録の由来を考える、又は知ろうとするのです。

 

ヨーロッパから見て、見聞きした記だから東方見聞録です。

 

友人Y
そうだったのか

 

ここでなるほどと膝をぽんと叩けるような子であれば、しっかり脳内に刷り込まれます。

一度理解してしまったものは、逆に忘れるほうが難しいくらいです。

 

 

でも、東方見聞録を覚えてない子は、こういった思考回路をしていないため、刺さることなく抜け落ちてしまって「そんなの習った?習ってないよね?うちら○○先生だったから」みたいなことを言い出します。

でもしっかりと教科書に書いてあるんです。

 

 

こういう思考回路をしているかどうか、さきほど挙げた5問の解答を導くまでの考えを言わせてみればわかります。

 

 

 

ただ言葉を丸暗記するのは「■!○*△#*」を覚えようとするようなもの。

こんな意味のない記号を覚えるのはできないのと同じです。

 

 

暗記が苦手な子は、まずはこの思考回路を賢い人のそれに寄せていきましょう。

普段から意識して、訓練することが必要です。

キーワードは「AだからB」です。

 

ぜひやってみてください。

 

 

5問の解答を知りたい人はいつものようにLINEを送ってください。

友だち追加

 

数日後にはちゃんと答えの記事を書こうと思います。

 

清水
忘れたらごめんなさい

 

 

ちなみに、今日いた3年生たちに「番人」を聞いたら、誰も意味を知りませんでした……。

いったい憲法の番人をどういうものとして捉えてたんだろう……(TдT)

 

 

関連記事

2学期期末テストが目前に迫り、社会の追い込みに入っている3年生達。 今は公民ですね。 なかなか覚えられないと嘆いています。     大人には結構簡単です。 選挙だって、実際に行った経験[…]



「この記事、なんか良い!」と思ったらクリックしてください!
私のモチベーションが5上がります。
▼ ▼ ▼


高校受験ランキング
>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG