言いたいこと

今日は入試過去問演習講座でした。

 

各コマの最初に、全国の入試問題を1枚解く。

そこで間違えた問題があったら、類題演習プリント追加。

「1問間違えると、1枚(20問程度)追加されちゃうよ!」

 

そんな感じで進めてました。

 

 

そして、私が言った言葉。

「ほらね、英語なんて3年生の内容が半分以上でしょ。

だから、塾の課題でまだ1,2年の内容が終わってない人は太刀打ちできないの。

一刻も早く、課題を終わらせて」

 

 

いや、これじゃない。

 

この時期に言いたかったのはこれじゃないんです。

 

 

本当は、現在までの学習内容の課題プリントが一通り終わっている状態で、

それでも入試問題を解いてみると間違えて、

穴を見つけて、

 

「ほらね、課題プリントを1通りやったからって、すべて身についているわけじゃない。

こうやって入試問題に触れて、穴を見つけて、その穴を埋める作業を残りの期間でするよ!」

 

これを言いたかたったんです。

 

一通り終わった人には、よりレベルの高い問題が待っています。

一通り終わってない人には、「はやく終わらせて」と言うしかできません。

 

 

ご察しの通り、得点が伸びだすのは、一通り終わって、その後、穴を埋めたあとです。

 

入試の足音が聞こえてきた今、もっともっとペースアップを!!!

 



「この記事、なんか良い!」と思ったらクリックしてください!
私のモチベーションが5上がります。
▼ ▼ ▼


高校受験ランキング

塾での出来事の最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG