途中報告

今回もワーク10チャレンジ関連です。

これからもこういった記事を書くので、カテゴリーを作った方がいいかもしれません。

 

それはさておき、チャレンジャーたちはどうなったでしょうか。

 

今回が最初のチェックポイントです。

報告の締切は本日24時。

学校で習った部分のワークを解いて、その報告をしてもらう約束です。

 

 

21時30分現在、7人のチャレンジャーから報告を受け取りました。

基本的に、報告してくれるのは保護者の方です。

(お手数をおかけしてしまうのですが、保護者様にお願いしています。)

 

 

 

 

まず最初の1人目はなんと夕方6時40分にLINEしてくれました!

 

…が!

 

やるべきところまで終わってない……。

 

むむ、これは報告することで満足してしまうパターン。

 

清水
やり直し!

 

「あと5時間くらいは勉強できるはずだから、学校で習った範囲のところを全部終わらせてください!

24時まで待ってるよ!」

 

その旨をお母様に伝えたので、今、本人は頑張っているところでしょう。

 

 

2人目、19時13分。

「何問かは、分からない問題があったみたいですが、進める事が出来ました!特に昨日、沢山やりました。」とのこと。

「昨日のうちにたくさんやるなんて、素晴らしいです!」と返したところ「今日が、1日バレーの合同練習会だったので」というお返事が。

 

予定があって勉強できないとわかっているから、前日にやってしまう。

清水
素晴らしい!

 

 

 

3人目、19時16分。

この2日間で、全教科で35ページ進めたみたいです。

清水
OK!

 

この子のお母様からのLINE

「ワールドカップ見たさにそれまでに終わらせる!と言って頑張ってました。やる気になればできるものですね。」

 

清水
そのとおり!

 

やることや期限が決まっていると、自分がやりたいこととのバランスを考えて、計画的に勉強するようになるということですね。

清水

良い傾向!

 

 

 

4人目、19時40分。

学校の授業は英語だけしか進んでないということで、英語だけやった模様。

ページ数は14。

清水
うむ、OK!

 

 

5人目、20時59分。

やるべき範囲を終えられた模様。

清水
OK!

 

 

 

6人目、20時37分。

「つまずいたところはありましたか?」と尋ねてみたら

「バリバリつまづいております…との事です。」というお返事が来ました。

やはり学校で一度習ったからといって、全てが解けるわけではありませんね。

分数の計算でつまずくということで、塾での課題に追加することにしました。

こうやってすぐに対策が取れるのがいいですね。

 

また、ワーク10チャレンジの進捗報告は週に2回程度とお伝えしたところ

 

「けっこうマメに報告するんですね…
私ちょっと自信ないです。

私も出来る範囲で頑張ります…」

 

というお返事が。

 

清水

なんだか可愛らしいお母様!

 

自信ないと素直に言えるあたりが素敵ですね。

大丈夫です!一緒に頑張りましょう!

 

 

 

7人目、21時08分。

学校の授業で進んだ範囲と、ワークを終わらせた範囲が一致してない。

「地理と理科、範囲まで終わってませんね?まだあと一時間くらい勉強できるはずですので、頑張って下さい!!」と伝えたところ

「これからやるとのことです!」というお返事が。

清水

いいですね〜!

24時まで待ってるよ!

 

 

 

 

と言った具合です。

 

正直、保護者様にとって、この確認と報告はかなり負担だと思います。

 

私が保護者様の立場だったら

清水
サボりたい、サボっちゃおう……

LINEに気づかなかったふりをすると思います(^_^;)

 

 

でも、大切なのは生徒さんの進捗や理解度などの学習状況を気にすることであって、報告ではありませんからね。

 

報告は多少抜けてしまっても、生徒さんの学習状況を気にすることは止めないでいただければと思います。

 

 

進捗報告の期限は本日24時まで。

あと2時間。

清水
待ってるよ!


「この記事、なんか良い!」と思ったらクリックしてください!
私のモチベーションが5上がります。
▼ ▼ ▼


高校受験ランキング

ワーク10チャレンジの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG