SWITCH TALKから生まれた名言

やる気スイッチを押すためのトーク、それがスイッチトークです。

勉強法や心構えなどを5分の動画に詰め込んで、週1ペースで公開します。

 

清水
今までは月1ペースになってました……

 

今回は二学期のLilyでの勉強の進め方についてのトークでしたが、それを作る中で名言が生まれました。

私が作った名言です。

友人Y
それ、自分で言う?

 

 

写した板書はノートにしか残らないが、

再現した板書は頭に残る

 

 

清水
どうでしょう?
友人Y
いいんじゃない

 

 

例えば、学校を休んでしまって友だちにノートを写させてもらいますよね?

そのノート、1日後には忘れてませんか?

写した部分はノートにしか残ってなくて、頭の中には入ってないからです。

 

 

先生の板書も同じ。

ただそれを写すだけではノートにしか残りません。

記憶に残すためには再現することです。

再現できるのなら、白紙の状態でも板書と同じことが書けます。

 

 

写す作業は脳にとって省エネ作業。

負荷がかからない楽な作業です。

そんな作業をして力がつくはずがありません。

 

 

筋トレする場合、ただ腕の曲げ伸ばしをする人と、鉄アレイを持って腕の曲げ伸ばしをする人、どっちが力がつくかといったら後者でしょう?

ただの腕の曲げ伸ばしでは負荷がかかっていない楽な作業なので、力もつきません。

力をつけるにはある程度の負荷が不可欠です。

 

 

清水
負荷が不可欠

 

友人Y
ダジャレか?

 

脳に負荷を書けるには「記憶と再現」です。

頭の中に残すにはこれが最適。

これが実力アップに繋がります。

 

 

でも負荷をかけるのを嫌がる中学生がたくさんいます。

そういう子がやるのが漢字と英単語の無限練習やノート写し。

勉強してるなーと思って覗いてみたら、そういうものばかりしているという場合は、その子自身、脳に負荷をかける作業を嫌がっています。

一言で言ってしまえば「勉強に向いていない」です。

 

 

その時の方法は2つ。

1つは勉強は諦めて、他の可能性を見つけること。

もう1つは勉強に向くように少しずつ変えていくこと。

 

 

その子にとって本当にどちらがいいのかは分かりません。

勉強を諦めた結果、運動や芸術で花開く可能性もあります。

でも、塾に来ているということは、少なからず勉強は諦めてませんよね?

 

 

そうなると方法は1つ。

少しずつ変えていくしかありません。

 

その第一歩が「塾では漢字練習をしないこと」です。

 

 

これが2学期のプチ改革に繋がっていたのです。

 

 

体育祭も終わり、日も短くなったのを実感し、いよいよ本格的な勉強季節の到来です。

実力アップの旗印を掲げたら、その目的を忘れないように、その目的を達成するための行動をしていきましょう!!

 

 

 





「この記事、なんか良い!」と思ったらクリックしてください!
私のモチベーションが5上がります。
▼ ▼ ▼


高校受験ランキング

学習塾Lilyチャンネル
>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG