ベーシックインカム その2

前回、ベーシックインカムとはどんなものかを記事にしました。

 

今回はそのメリットについてです。

 

前回挙げたメリットも確認しておきます。

 

  1. 漫画を描きたい人はそれに没頭できる
  2. ブラック企業に勤める人はためらいなく辞められる
  3. 起業したい人はどんどんチャレンジできる

 

これらは何もしないでも得られる収入があるおかげで実現できるものです。

 

それ以外にもこんなメリットがあります。

 

犯罪が減る

 

 

さて、これは何故でしょう。

 

もし月10万円のベーシックインカムがあるとしたら、1年で120万円、10年で1,200万円です。

 

今20歳だとして、70歳まで生きるとすると、あと50年ベーシックインカムがもらえるわけです。

50年分の額はなんと6,000万円。

 

これが犯罪の重軽に問わず、犯罪をしたらなくなるとなったらどうでしょう?

 

万引するメリットありますか?

 

たかだか数百円とスリルのために、今後貰える6,000万円を棒に振る人ってそうそういないと思います。

 

 

あおり運転での恐喝だって同じです。

ドライブレコーダーにばっちり残っていれば、その人のベーシックインカムはそれで打ち切り。

実質6,000万円の罰金の刑になります。

 

 

私なら絶対に犯罪しませんね。

大人しく過ごしてベーシックインカムをもらいます。

 

 

考えてみたらこのベーシックインカムって、アラブとかの石油国とかも同じようなものですかね?

国民が働かなくても十分な収入があるから養っていけるという。

アラブの人たちって、一般市民もやりたくない仕事をせずに好きなことして暮らしているのでしょうか。

 

 

その辺を見ると、将来が見えるかもしれませんね。

 

 

 

ちなみにベーシックインカム制度が整ったら、レストランがなくなるかと言えばそうでもありません。

レストランでは「おいしい食事を提供したい」という人が働きます。

そして、その人は働いている分、周りの人より収入は増えます。

周りの人もそれを納得します。

「アイツは多く金を持っている。強盗してやろう」なんて考えません。

ベーシックインカムをもらえなくなっちゃいますからね。

だから、周りの人は「あぁ、彼は働いてるんだから、収入が多いよ。ありがたいよね。彼がいるおかげで、おいしい料理が食べられるんだ」みたいな反応になります。たぶん。

 

 

これが働きたい人が働く社会です。

働かない人は働いている人に感謝して、自由なことをするだけです。

 

 

友人Y
超いいじゃん
もし本当にこんな未来が実現されるのなら、AIに仕事を奪われるなんて叫んでる方がナンセンスになりますよね。
実現に向けての大きな山は既得権を持った人のようです。
現制度で既に大きな権利を得ている人は、現制度を変えることを反対するでしょう。
そういう人を説得するのが大変みたいですね。
高齢者ドライバーから免許証を取り上げるのも大変なのですから、既得権を取り上げるのも大変でしょうね。
何はともあれ、将来がより予測不能になった現代。
頼れるのは自分の知識。
そこに終結しますね。

 

お気楽編の最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG