みんなちがって、みんないい

みんなちがって、みんないい

 

これは金子みすゞさんの詩のワンフレーズです。

 

本当はこの前に「鈴と、小鳥と、それから私、」というフレーズがあるんですけどね。

「みんなちがって、みんないい」というフレーズだけでも使いやすいので、これだけが独り歩きしているようです。

 

 

明野のひまわりフェスティバルでたくさんのひまわりを見ました。

「ひまわり」とひとくくりにしてしまうと、その一本一本の個性を見逃してしまいますね。

同じひまわりでも、背の高いもの低いもの、西を向いているもの東をむいているもの、様々です。

 

 

そんな中で面白いひまわりを発見!

その姿はTMレボリューションの西川貴教を連想させます。(わからない人はおうちの人に聞いてみてください)

 

真正面から風を受けながら立っています。

 

風は吹いてなかったんですけどね。

 

「風に立ち向かっていってます」アピールをしているかようです。

 

他にもこういうひまわりも。

ひまわりの絵を描くときはこれですよね、たぶん。

▼こんな感じで。

 

 

ひとそれぞれ好みはあるけれど

どれもみんなきれいだね

槇原敬之 / 世界に一つだけの花

 

 

以上、ひまわりフェスティバルからでした。

9月4日現在、もう終わってると思いますが……。

 

また来年!

「この記事、なんか良い!」と思ったらクリックしてください!
私のモチベーションが5上がります。
▼ ▼ ▼


高校受験ランキング

学習塾Lilyチャンネル

清水のフリートークの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG