人より多くできる理由 第2弾

客観的に見ても、私、人より多くのことをできます。

友人Y
また自慢か?

 

前回は「人より多くできるのは、人より速くできるから」という持論を展開しました。

関連記事

客観的に見ても、私、人より多くのことをできます。 友人Y なんだ?自慢か?   人が1時間かけてやるところを30分でやったり、人が「大変だから」と言ってやらないことをやったり。   […]

 

今回は「人より多くできるのは、人より多くの時間を持っているから」について書きたいと思います。

 

時間は平等

 

1日って何時間あるか知ってますか?

友人Y
当たり前でしょ

 

24時間なんですよ。

 

ニートにも孫正義にも学校で1位の子にも最下位の子にも24時間なんです。

もちろん私にも1日24時間ある。

 

友人Y
そりゃそうでしょ

 

とはいえ、いざ「勉強しよう」となったとき、勉強時間として残されている時間は人それぞれ違うんです。

 

1日24時間から睡眠時間の8時間を引いて残り16時間。

 

ここでは活動時間を一律16時間とします。

 

学校や仕事の時間があるので、それを引きます。

それぞれ家を出てから、帰ってくるまでですね。

中学生であれば朝7時30分に家を出て、帰ってくるのが18時だとしたら10時間30分を引きます。

 

残りの活動時間は5時間30分。

 

でも、お風呂・朝夕の食事があるので、それらを合わせて1時間として引きます。

 

残り4時間30分。

 

友人Y
思ったより残ってるね

 

ここで、スマホのスクリーンタイムを見てみてください。

一日2時間~3時間はスマホに触ってますから。

 

2時間だとして、残りの活動時間は2時間30分。

 

毎日の宿題として自学2ページがあるので、30分使います。

ちなみに自学は勉強時間としてはカウントしません!

 

活動時間残り2時間。

 

スマホを2時間触ってたとしても、2時間も残っているんですね。

 

この残りの2時間を全て勉強時間にできればまぁ良いでしょう。

 

でも、おそらくこれができないんだと思います。

 

理由は「疲れてるから」ですかね。

 

 

もしこの2時間が一日の早い時間に残されていれば、そこで勉強できると思います。

でも、一日の最後の頃に2時間残っていても、そのときはもう疲れていて、ぼーっとしてしまうんですね。

 

 

やるとしても「マンガを読む」「YouTubeを見る」「スマホをいじる」などの頭を使わないものばかり。

エネルギー消費の少ないものしかできない状態なんですね。

言い換えれば「楽なこと」しかできないってことです。

 

 

となると、残りの2時間はもはや2時間残っているとは言えない状態です。

 

清水
あれれ?一日の勉強時間はどこに行った??

 

 

大人の場合

これは何も中学生に限らず、大人でも言えることなんです。

 

大人の場合は、中学生が学校にいる時間より長い時間働いているので、家に帰ってきた段階で残りの活動時間は3時間もないような状態です。

 

 

さらにここで時間を浪費してしまう人たちがいます。

それが「お酒」です。

 

一般的にはお酒を飲んだら、一日の終了を意味します。

 

だって、その後、活動できなくなっちゃうんですもの。

車にも乗れないし、もちろん勉強だって頭に入りません。

 

もちろん、その日の疲れやストレスを取り除くという大義やメリットがあるとは思いますが……。

 

 

私はそれをしないのです。

 

 

まずこれが時間を持つ大きな理由の一つですね。

お酒を飲んでしまうと、飲んでいる時間にも活動時間は浪費され、飲んだ後は何もできないので活動時間があっても活動はゼロです。

 

この浪費がもったいない。

 

 

ということで私は普段、お酒を飲まないんです。

 

 

その間、ブログを書いたり、勉強したりと何かしらの活動にあてています。

勉強は先程言ったように、消費エネルギーが大きいので夜の時間は思うように進みませんから、ブログを書くことが多いですね。

 

 

このブログ以外にもブログを書いているので、毎日大忙しです。

 

 

もし、毎日お酒を飲む生活だったら、このブログ執筆活動もままならなかったでしょう。

 

 

人より多く時間を持っているから、その時間にこうやって創作活動ができるわけです。

ブログだと記録にも残りますしね。

 

 

同じ時間を浪費するなら、こうやって何かしら残るものをと考えて行動してます。

合理的ってやつですかね。

 

 

こう考えると

時間は皆に平等に与えられているけれど、皆が平等に上手に使えているとは限らない

ということですね。

 

 

これは、逆転を考える人にとってはチャンスです。

皆が時間をうまく使えてないのなら、自分はそこをうまく使えばいいのですから。

 

まずは考えて、次に行動です。

 

失敗してもいいから、自分なりの賢い時間の使い方をしてみてください。

 

 

 

 

役に立ちそうな話(心得・思考)の最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG