池袋遠征 part 2

集合時間は午後4時。

私は茨城からの参戦なので、午後3時には池袋に着くように家を出ました。

 

 

今回の記事の内容は道中の時間の使い方です。

 

自宅から車で研究学園駅へ、そこからつくばエクスプレスで行きました。

 

 

もちろん車を運転中は他の作業はできません。

と、思うでしょう?

 

 

違うんですねー。

 

 

私はというと車の中では英語のリスニングをしてるのです。

運転中も耳はあいてますからね。

リスニングテストを受けるような集中はできませんが、聞き流すことはできるのです。

 

 

なんでそんなことをしてるのかって?

 

 

趣味みたいなものです。

英語が聞き取れるようになった方が楽しいことが増えるかなーくらいの感覚ですね。

 

 

 

電車の中は、乗客のほぼ全員がスマホをいじってます。

例にもれず、私もそうです。

 

 

何をしているかというと……

 

  1. ブログの下書き
  2. ブログチェック
  3. 扇風機の購入検討

です。

 

扇風機は塾内で使うものです。もう今シーズンは使わないかもしれませんが…。

 

 

これらの作業はパソコンでもできます。

もし、池袋に行く用事がなければ、パソコンでやっていたでしょう。

でも、同じことを電車内でもできてしまうのです。

 

 

 

これってつまり

移動時間を移動時間でなくす工夫

と言えますね。

 

私にとっては車の時間も電車の時間も、単なる移動時間ではないのです。

むしろ、もっと長くても全然構わないって思うくらいです。

 

 

ですので、今回は池袋でしたが、それが仙台であろうと、沖縄であろうと、開催場所はどこだって構いません。

遠いと、家に残してきた家族を心配する気持ちが大きくなるというくらいです。

 

 

この移動時間を移動時間でなくすという考え方って、お得だと思うんですよね。

 

 

もし、これを単なる移動時間として、無駄な時間とカウントしてしまうと、人生の中での無駄な時間がかなり増えます。

通勤に1時間かかるような場合、往復で2時間、1ヶ月で60時間も無駄に思いながら過ごしているってことになりますからね。

 

 

あくまでこれは考え方であって、実際に近い職場と遠い職場のどちらが良いかと聞かれたら、近い職場と即答しますよ。

 

ただ、遠くになってしまっても、その中でベターな方法を考えるというだけです。

 

 

 

普段、パソコンの前で検索していると「あ、あの仕事もしないと」と別のことを思い出して、検索も中途半端になってしまうことがよくありますが、昨日の電車内ではそんなこともなく、最後まで検索して良い商品を見つけられました。

 

移動時間があって、その中でできることが限られていたおかげで、それに集中できたということですね。

 

 

 

さあ、ここまで読んだ中学生。

自分に当てはめてみましたか?

 

 

中学生であれば「塾への送迎の車内」の使い方に応用できますよね。

その時間、たった5分かもしれませんが、その時間でできることがあるはず。

それはリスニングでも、友だちとLINEするでも、寝るでも構いません。

それを意図を持ってやっているかどうかが重要です。

 

 

 

もし、車の中でしかLINEをしないと決めている場合なら、その時間に精一杯LINEをするはずです。

でも、それ以外の時間にLINEをしないというのであれば、その5分は精一杯やってもいいと思います。

「車の中でしかLINEをしない」のであれば、LINEをしたければ車に乗るしかありません。

買い物についていったり、塾に行く回数を増やしたりしないとLINEをする時間を確保できなくなります。

そうやって生活が変わっていくんですね。

 

 

 

時間も使い方一つでどうにでもなります。

中学生の皆さんも、上手い時間の使い方を見つけて実践してくださいね!

 

 

清水のフリートークの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG