言い訳はなくせない

言い訳はしたくない!

 

と、思いつつも言い訳ってしちゃいますよね。

 

 

待ち合わせで遅れたとき、言い訳をしないとなると

 

「ごめん!」

 

としか言わないことになります。

 

 

でも、待たされた方としては

 

「なんで?」

 

って思いますよね。

 

謝ってくれるのは良いんですが、その理由がわからないとなんだかモヤモヤします。

 

 

探偵モノの漫画で「犯人はこの人!」って分かったとしても、その犯人の犯行動機がわからないまま終わってしまったら、納得いきませんよね。

 

 

そういうのもあって、言い訳ってしてしまうと思うんです。

 

だから、言い訳は必ずしも悪いというわけでもない。

 

 

 

でも、言い訳をされるのが嫌いな人っていますよね。

 

もし言い訳をさせないようにするならどうしたら良いでしょうか。

 

これは言い訳をする理由を考えると答えが出ます。

 

 

 

言い訳をする理由、それは……

 

 

 

言い訳するメリットがあるから

 

です。

 

至って単純ですね。

 

 

 

例えば、会社員が仕事を休むとき

 

「昨日、お酒を飲みすぎて、頭痛いので休みます」

 

という理由なら、ものすごく怒られるでしょう。

 

怒られるならまだしも、下手すりゃ首になるかもしれません。

 

 

でも「親戚が亡くなり、お葬式で……」なら許されます。

 

この理由でキレる上司がいたら、そもそもその会社事態が怪しいですしね。

 

この「許される」ということが、言い訳をするメリットです。

 

 

もし、この言い訳も許されずに

 

「親戚が亡くなった?葬式だ?ふざけんな馬鹿野郎、仕事に来い!」

 

と言われれば、その後おそらく誰もその理由を言わなくなるでしょう。

 

 

でも、現にそんな会社はまずありません。

 

だから「お葬式」が多発するわけです。

 

 

 

言い訳をさせたくないなら、どんな言い訳もシャットアウトする。

 

そうしたら、そこにいる人達はみんな言い訳をしなくなります。

 

友人Y
そりゃ葬式でも怒られるのなら、何も言わなくなるでしょ

 

 

言い訳はなくなると同時に、人も離れていくと思いますが……。

 

 

 

だから現実社会ではどうしても例外は排除できず、その例外があるために言い訳はなくなりません。

 

 

そして、そのうち

 

「葬式はOK、じゃあ親の看病は…?」

 

みたいにして、探り合いや駆け引きが始まるのです。

 

 

 

学生に置き換えると

 

「宿題を家に忘れてきたはアウト、じゃあ『家族で出かけてやる時間がなかった』は…?」

 

こんな風に、ボーダーラインの探り合いです。

 

 

 

言い訳の対処って思ったより難しそうですね。

清水のフリートークの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG