社会の用語を理解するための作り話 1

ある社会の用語を説明するための物語。

 

先に言っておきますが、フィクションですよ!

ある用語を理解するための完全な作り話です。

 

 

私は数人の部下を引き連れて、ある島の小さな村にやってきた。

ここは航海の中継所として使える便利な場所だ。

この島を都合よく使うためにも、私のような人間を置いておきたいんだろう。

文明の未熟なこの島で暮らすより、母国にで暮らしたほうが快適だが、上の命令には逆らえない。

 

 

それにしても、この島の人間は野蛮だ。

いまだに腕力がものを言うようだ。

この野蛮人達には、ちゃんと話が通じるのだろうか。

 

 

 

この島に暮らして数日、事件が起こった。

野蛮人の村長が烈火のごとく怒っている。

私の部下の1人が、野蛮人の女性にハグをしたという。

 

 

……野蛮人の村長は一体何を怒っているんだ?

 

ハグなんてただの挨拶だろう?

 

 

 

うわ、なんかヒートアップしてきた。

 

部下をはりつけにしている。

 

 

村民たちがその周囲を取り囲んでいる。

 

 

ん?

なんか村長が言っているぞ。

 

「この村の女性に抱きついたものは首を切る刑に処す」

 

 

正気か?

 

ただの挨拶なのに。

 

 

私はそんなのはおかしいと主張した。

 

そしたら、村長、「これがここの法律だ」なんて言いやがる。

 

こんな野蛮人どもの法律なんて、あてになるものか。

 

 

私は、村長にこう言ってやった。

 

「我々は外国人だ。この村の法律を知らない。

この村では悪いことなのかもしれないが、

我々の国では何の問題もないただの挨拶だ。

 

それでこんな騒ぎになるなんて、

お前ら野蛮人の法律なんかに従うことなんてできない。

我々外国人は、母国の法律で裁かせてもらう。」

 

 

 

どうだ。

 

格の違いがわかったか。

 

 

腕力がものを言うなんて100年遅れてるんだ、この村は。

 

 

我々の国に比べたら、この村は赤ん坊だ。

 

 

赤ん坊が考えた法律なんぞに付き合ってられるか。

 

 

 

「治外法権を認めろ」と言ってやったんだ。

 

……ん?

 

村長も村民もぽかんと口を開けている。

 

 

治外法権の意味がわからなかったか。

 

「我々外国人が罪を犯した場合、この村の法律ではなく、

我々の国の法律で裁いてもらう。

我々の国の法律(この村から見ると『外』国の『法』律)で事態を『治』める『権』利だ。

治外法権を認めろ。いいな?」

 

 

 

村長は素直に受け入れてくれた。

 

これで我々はこの野蛮人達に、野蛮人たちの法律で裁かれなくて済む。

 

 

「この村で罪を犯したなら、この村の法律で裁かれろ」と

 

野蛮人達が騒いでいる。

 

 

不平等だと訴えているようだが、知ったこっちゃない。

 

野蛮人達の文明が発達して、我々並みになったならともかく、

 

現段階でその声に耳を貸す必要はない。

 

 

 

とりあえずこれで私と部下たちの生活は守られた。

 

 

 

 

よく村長がすんなり受け入れてくれたな、だって?

 

そりゃ、頭にピストルを突きつけて要求したからな。

 

 

ー 完 ー

 

 

 

 

上の物語、完全にフィクションですよ?(笑)

 

深夜のテンションで書きました(笑)

 

でも、ハリスと大老の井伊直弼が1858年に結んだ日米修好通商条約に「治外法権を認める」というのがどういうことか、わかったんじゃないかな。

 

ちなみに「領事裁判権を認める」という用語も出てきますが、中身は同じようなものです。

先程の野蛮人村長にまた出てきてもらいましょう。

 

 

野蛮人村長「わかった。治外法権とやらは認めてやる」

私はピストルを下ろした。

 

「でも、どうやってお前ら外国人を裁くんだ?」

「…お前ら?」

私は再びピストルを村長に向けた。

 

「あっ、あなた達です。

万が一、あなた達の誰かが罪を犯した時、一体誰が裁くのですか?

私はこの村の法律は知っていますけれど、あなた方の国の法律はわかりません」

 

「心配するな。それは領事であるこの私が裁判権を持ち、

罪を犯した同胞(お前らにとっては外国人)を裁いてやる。

それでいいな?」

 

「…………はい」

 

 

というのが領事裁判権。

こんな物語が頭に入っていれば、理解が深まるんじゃないでしょうか。

 

本当のところが気になる人は、ちゃんと自分で調べてみてくださいね!

 

夏休みの自由研究とかにいいかもね。理科じゃないけど。

 

 

当時、日本は格下のこども扱いされてたってことがわかったでしょうか。

不平等条約だ!って日本人は騒いでいたけれど、相手の立場に立ってみれば、まぁそれも仕方ないよな〜って思いますよね。

 

結局、この条約は1894年の日清戦争の直前に改正されることとなります。

 

不平等条約と言われるもう一つの「関税自主権」についてはまた別の記事で書きます。

 

お楽しみに!

「この記事、なんか良い!」と思ったらクリックしてください!
私のモチベーションが5上がります。
▼ ▼ ▼


高校受験ランキング

学習塾Lilyチャンネル

STUDYの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG