受験勉強の時給

1000時間勉強して将来の年収が100万円上がる場合、勉強の時給は100万円×40年÷1000時間=時給4万円になるよ。
なんでみんなそんなに勉強しないの?

河野玄斗@genngen_36

このツイートの他、「受験勉強の時給」で検索すると

高卒と大卒の生涯獲得賃金の差である1億3千万円を受験勉強時間4,000時間で割ると約3万2千円という計算式で受験勉強の時給を考える人もあるようです。

 

いずれにせよ受験勉強はものすごくコスパが良いという話ですね。

 

これらの考え方を中学時代に知っていたら、私は高校生のときにバイトをしなかったと思います。

当時は「高校生だ!バイトするぞ!」という考え方しかできなかったのです。

高校入試前、現実逃避からかバンド活動も始めた私にはお金を稼ぐことが必要でした。楽器を買ったり、スタジオ借りたりするのにお金がいりますからね。

 

高校生がお金を稼ぐにはアルバイトしか思いつきません。スマホのない時代はもちろん周りの人しか見られませんが、その周りの人も100%「稼ぐ=バイト」だったので、それ以外の発想なんかなかったのです。

 

早朝の新聞配達、その他コンビニやファーストフード店などのバイトも掛け持ちするという苦学生並の労働。おかげで周りの高校生より多くのお金を手にしましたが、お金があると欲しいものが増えるものですね。結局、バンド活動の他にバイクを買ったりしたので、お金が貯まることなんてありませんでした。

 

勉強はというと…もちろんできるはずがありません。地元ではそれなりの進学校ですからね。それでも下を見れば何十人かいたので、危機感も感じず…。(当時の私より下なんて、その子達は一体どれだけひどかったんだ…(笑))

 

私の親も勉強に関しては一切口を出さず、高校1年の最初の三者面談では「高卒後の進路は就職!」と親子揃って言ってました。「…なんでこの高校に来たんだ…?」とその先生も思っていたに違いありません。

 

高校時代の数々の愚行……

 

「大学の価値を知らなかった」

 

この一言に尽きると思います。冒頭のツイートを知ったところで当時の愚かな私は何も気にせずにバイトをしていた可能性もあります(むしろその可能性のほうが高いです)が、今、冒頭のツイートが刺さります。

それは高校時代に悔いを残した私だから、今刺さるのかもしれません。

 

そんな私が高校生に言うなら「バイトは絶対にコスパ悪い。今、小金を稼いで満足するな。勉強したほうが良い」ですね。

 

しかし、ここ数年は価値観の移り変わりもはやいです。この考え方すらもう古いという感じがします。

じゃあ、新しい考え方はどんなのか……それはまた次の記事で!

 

To be continued





「この記事、なんか良い!」と思ったらクリックしてください!
私のモチベーションが5上がります。
▼ ▼ ▼


高校受験ランキング

学習塾Lilyチャンネル

お気楽編の最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG