点はつけるの?つけないの?

点をつける場所次第で意味が全く変わる文字と言えば

 

「犬と太」

 

犬と太いはさすがに間違える人はいません。

 

でも、よく間違えるのが「ひろし」と「めぐみ」です。

 

「博」

 

「恵」

 

漢字で書く時、あれ?点はつけるんだけっけ?つけないんだっけ?となります。

 

そんなとき中学生が使う秘技!!

 

「一度書いて、消したか消してないかが微妙な薄さで残す」

 

 

清水
バツです!!

 

私はためらいなくバツにします。

 

あいまいな答えはバツです!

 

ずるさが垣間見えるからバツです!

 

なんでこの話をしたかというと、初代内閣総理大臣の名前で「伊藤博文」を書けない生徒がいっぱいいるから。

 

博に点をつけない間違いが多いんです。

 

博と恵は似ている部分がありますが、成り立ちが違うんですよ。

博のほうは「霞ヶ浦」の「浦」みたいな字ですね。ほら点がいるでしょう?

 

でも、これがわかったところで、結局二択で迷うんですよね。

 

例えば「せんもん的な知識」の「せん」は点がいる?いらない?

 

 

 

答えは、いらない!

 

専ですから。

 

 

友人Y
専は恵より博のが似てるじゃん

たしかに、専は博に似てますよね。おそらく「点をつけるつけない問題」はこの2つの漢字が原因でしょう。

 

 

何か上手い方法はないかと検索していたら見つけました。

 

「点をつけま専」

 

上手い!

 

友人Y
でもそしたら博も点いらないって思うじゃん

 

 

……。

 

もう、そのまま覚えてください!(笑)





「この記事、なんか良い!」と思ったらクリックしてください!
私のモチベーションが5上がります。
▼ ▼ ▼


高校受験ランキング

学習塾Lilyチャンネル

STUDYの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG