わくわく夏期講習

学習塾Lilyの場合、月末に翌月分の受講料をいただくことになっています。6月末は7月分の受講料ということですね。しかし、それだけでないのが6月です。

 

7月末から夏休み!ということは夏期講習!つまり夏期講習代も6月末に請求させていただくことになります。

 

1,2年生は通常の受講料2ヶ月分になります。3年生は夏期講習代だけで3万円を超えます。通常の受講料と合わせると5万円オーバー。ひええ……。私はそれを受け取る立場ですが、その金額には少々おののきます。それでもきっちり請求させていただきますけれど。

 

関連記事

あなたは車の修理工場を営んでるとします。ご近所さんがタイヤのパンクを直してほしいと車を持ってきました。あなたはささっと直してあげました。さて、ご近所さんにいくら請求しますか?   専門的な技術や設備が必要な修理[…]

 

その分、夏期講習にかける思いは強いのです。夏期講習であれもやりたい、これもやりたいと、やりたいことだらけです。実際にそれをやるのは生徒達ですので、正確には「やらせたい」ですけれど。

 

これをやったら、1年生からの復習もばっちりだし、伸びるぞ〜っていうプログラムを用意しているので、夏期講習が楽しみなんです。

 

でも、本音を言えば、そのプログラムは今すぐにでもやらせたい……。

 

「これをやれば伸びる!」と思っているプログラムですから、当然すぐにやらせたくなるわけです。でも今は駄目です。夏期講習までもったいぶっているわけではありませんよ。一番の理由は……

 

皆、目の前の勉強に追われ過ぎているから、です。

 

明日のワーク提出に躍起になっている生徒に、これまでの総復習をする時間なんてないのです。小テストをやって穴を見つけても、それを埋める時間すらないのが現状です。

 

今は6月。部活の総体が目前に迫っています。同時期に1学期期末テストも足音を立てずにやってきます。そんな中学生に、これまでの総復習を!なんていうのは愚策に思えるのです。

 

学校でも授業があり、既習範囲はどんどん広がっていきます。伴って、ワークなどでの問題演習の範囲も広がっていくので、それをこなすのがやっとなのです。

 

だから、学校の授業が一旦止まる夏休みがチャンスなのです。進まないのだから、いくら振り返っても問題ありません。ここで振り返らずしていつ振り返るってなもんです。だからその時期に、温めておいたプログラムをぶつけるのです。どんな化学変化を起こすかが楽しみです。

 

今日は朝6時半にはまだ布団の中にいたので、その時間には塾にいませんでしたが、それでも7時30分には塾でせっせとプログラムづくりをしています。お昼に帰って、娘と一緒に昼寝して、また塾に行ってせっせとプログラムづくりです。

 

はたから見たら、大変そうに見えるんでしょうね。この仕事のスタイルを強制されていたとしたら、とんでもないブラック企業ですよね(笑)

 

でも、私はわくわくしながらやっています。もっとこうした方が良いんじゃないか、ああした方が良いんじゃないかと、頭の中でリトル清水達が活発な議論をして賑やかです。

 

職人気質なところがあるので、妥協をしたくないんですよね。一つの作品として仕上げる感じです。

 

そんな仕事はまだまだ山積しています。明日も明後日も、やることは決まっています。今日はどこまで進められるかな!と、わくわくとともに目覚める毎日です。そのうち「やばい!このままじゃ終わらない!」という焦燥感に駆られるかもしれませんが……。それさえも楽しんでしまう私ですので、大丈夫でしょう。

 

今日も早く寝て、明日に備えます!おやすみなさい。



「この記事、なんか良い!」と思ったらクリックしてください!
私のモチベーションが5上がります。
▼ ▼ ▼


高校受験ランキング

お気楽編の最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG