想像力とデジタル・デトックス

この力はあった方がいろいろと役に立つという力があります。その力とは想像力です。想像力はあらゆる場面で効果を発揮します。

 

悪い未来を想像する。

 

「宿題をやらなかったら、どうなるか」

「テストで悪い点をとったら、どうなるか」

 

このように悪い未来を想像すると、それにならないようにと今を頑張るようになります。

 

どこかの占い師が「占いの結果が良い未来だったとしたら努力をしなくなる。悪い未来の方がいい」というような事を言っていました。例えば占いで「あなたは第一志望に合格するでしょう」という結果になった場合、それを本気で真に受ける人はそういないと思いますが、少し気が緩むでしょう。「合格するのか、じゃあもっと頑張らないと!」となるよりも「合格するのか、なら遊んでても大丈夫」となる人の方が多いと思います。

 

占いという不確かなものであれば、その言葉を信じない人が多いと思います。

 

でも、茨城統一テストの結果の判定ならどうでしょう。

合格安全圏のS判定(80%)をとると、その後気を引き締めるより、気が緩む方が多いでしょう。だったらD判定(20%)くらいの方がいいと思います。E判定だと、もう無理だという諦めが出てきてしまうかもしれませんけれど……。でも実際はE判定から合格する中学生が多いので、諦める必要はありませんよ。

 

話を想像力に戻しましょう。

 

10年後の未来を想像できる人がいれば、それもまた心強い能力だと思います。10年後に限らず5年後でも1年後でもいいです。とにかく未来を想像できる人は道を踏み外しません。もし踏み外しても、軌道修正できます。なぜなら目を開けている状態で歩いているからです。

 

それに比べ、想像しないで日々を過ごしている人は、目をつぶった状態で歩いているようなものです。どこに行くかもわかりませんし、どこでつまづくかもわかりません。出たとこ勝負です。

 

想像力は勉強に良い影響を及ぼすだけでなく、人間として良い方に導いてくれます。

 

相手の立場に立つことも、想像力のなせる業ですよね。「これを言われたら嫌だろうな」という言葉を言わないのも、相手の痛みを共感してあげられるのも、想像力のたまものです。逆に想像力がなくて痛い目を見る例が、Twitterでバカな行動を公開して炎上することでしょうね。彼らには想像力が欠けているとしか言いようがありません。他にも常識や良心など欠けてるものがいろいろありますけれど……。

 

想像力が豊かで悪い作用を及ぼすとしたら、一人でトイレに行けなくなることですかね。

 

怖い話を聞いたり、ホラー映画を見た後は、幽霊がでることを想像してしまってトイレに一人で行けなくなってしまいます。私にもその記憶があるので、想像力が豊かな方でしょうね。

 

想像力があって困ることと言えば、それくらいしか思いつきません。

 

私のことで言えば、私は結構「人生の最期」を想像します。その最期は自分であったり他人であったりしますが……。

 

「この人と会うのはこれで最後かもしれない」と思うと、相手と喧嘩をしたままでは終われなくなります。
勢いで「お前なんか死んじゃえ!」と相手に放って、その後その相手が本当に死んでしまったら、その言葉はずっと呪いのように自分自身にまとわりつくでしょう。

 

「いってきまーす!」が最後かもしれないと思うと、テンション低く言うのも気が引けます。だから私はいつもニコニコ手を振って、行ってきますと言うようにしています。こんな話をすると「縁起でもないこと言わないで」と言われてしまいそうですけれど(笑)

 

私が癇癪(かんしゃく)を起こさないのも、そういう部分があるんじゃないかなぁと自己分析しています。どんな相手であっても「これが最後かも」と思うと、不思議と許せてしまうので、そういう考えも良いんじゃないかなぁと思います。

 

「うるせー!」と暴言を吐いてしまいがちな反抗期の生徒はぜひお試しください。

 

人類がここまで進歩してきたのも想像力によるところが大きいと思います。想像した未来を実現しようとして、いろいろ試行錯誤した結果、現代になったのでしょう。

 

私がスマホゲームを批判する理由は「時間を奪うから」です。時間にも2種類あって、一つは勉強やお手伝いなどの行動時間、もう一つは想像する時間です。わかりやすいのは行動時間が減ることですけれど、それ以上に想像時間が減ってしまうことが人格形成に致命傷を与えてるんじゃないかと思います。

 

電子機器を物理的にそこに置きましょう。
電子機器と精神的に距離を置きましょう。これをデジタル・デトックスと言います。

 

そうして一度「何もしない時間」を手に入れてください。必ず想像しますから。人間、考えをゼロにすることはできません。頭の中では必ず何かを考えています。

 

想像した後はだいたい「今やらなきゃ」となります。ここまでは一連の流れです。だから、最初の一歩だけ踏み出せれば大丈夫です。デジタル・デトックス、頑張ってみましょう。



「この記事、なんか良い!」と思ったらクリックしてください!
私のモチベーションが5上がります。
▼ ▼ ▼


高校受験ランキング

真面目編の最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG