英語のニュアンス

英語が苦手な人のために、中学生英語を1からやり直すプログラムを作っています。その道程で気になったことがあります。

 

私はサッカーをした。

I played soccer.

 

ですね。では、トムと一緒だったら

 

I played soccer with Tom.

 

ここまではいいですよね。では、これを否定文にしましょう。

 

I didn’t play soccer with Tom.

 

となりますね。日本文にすると

 

私はトムと一緒にサッカーをしなかった。

ですね。

 

何が気になったかというと、この文章、なんかわかりにくいなということです。「しなかった」と否定しているので否定文なわけですが、何を否定しているのかがはっきりしません。

 

「サッカーをした」ということの否定なのか、「トムと一緒に」ということの否定なのかがはっきりしませんよね。

 

トムとはサッカーをしなかったけど、サッカー自体はしたとも受け取れます。
トムと話を合わせてサッカーしなかったとも受け取れます。

 

こんな風に複数の解釈ができてしまうのです。

 

「昨日、夕食後に宿題をしなかったよ」と言われたら、宿題をしなかったのは夕食後だけであって、他の時間帯で宿題をしたって思いますよね、きっと。それをより正確に伝えるには「昨日、夕食後には宿題をしなかったよ」ですよね。違いがわかりましたか。「夕食後には」という言葉にすれば、より正確に伝わります。

 

この微妙なニュアンス、英語ではどう伝えるのでしょうね。

 

別の例で考えます。

 

I did not go to school with Emi.

 

直訳すれば「私はEmiと一緒に学校へ行かなかった」ですね。notはgoにかかっているので、行かなかったとするのが普通です。では「学校へは行ったけど、Emiと一緒ではなかった」というように「with Emi」の部分を否定したい場合はどうするのでしょう。

 

先程のように言えば「私はEmiと一緒には学校へ行かなかった」といったところですね。こう言えば、日本文では「学校へ行かなかった」と受け取る人はいないでしょう。「Emiと一緒じゃなかっただけであって、学校へは行った」と解釈するはずです。じゃあ、どんな英文にしたらいいのでしょう…?

 

こんなときは、地球の反対側にいる友人に聞いてみるのが一番です。Facebookを通じて、アメリカのペンシルバニアで暮らす友人に教えてもらいました。

 

Emi and I did not go to school together.

 

なるほど〜〜!!言われてみれば、そうですね。かなりすっきりしました!
同時に、こんな簡単な答えが出せなかったことが悔しい〜〜。

 

こういうニュアンスの問題は、英語での生活が長い日本人に聞くのが一番ですね。とっても助かりました!

 

答えてくれた友だちにはもちろんのこと、SNSが発達した現代にも感謝です。

「この記事、なんか良い!」と思ったらクリックしてください!
私のモチベーションが5上がります。
▼ ▼ ▼


高校受験ランキング

学習塾Lilyチャンネル

STUDYの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG