女性天皇と女系天皇は違う

女性天皇はどう思いますか?

女系天皇は賛成ですか?

 

おそらく、大半の人がどちらも「良いんじゃない?何か問題なの?」と思うのではないでしょうか。

また、大半の人が「女性天皇」と「女系天皇」の違いを知らないのではないでしょうか。

 

そう思う理由は、私も知らなかったからです。

 

字面は似ていますが中身はだいぶ違います。今回はそれについて書きたいと思います。

 

女性天皇というのはその名の通り、女性の天皇です。例えば、愛子さまが天皇になられた場合は女性天皇ということになりますね。

 

この女性天皇は歴史の中でも数名いました。愛子さまが天皇になられたとしても、史上初ではないのです。

 

愛子さまが天皇になられたとき「女性天皇」であることには間違いありませんが「女系」ではありません。「男系」の女性天皇です。

 

 

ここで「男系」「女系」について確認しましょう。

男系と女系

 

男系

男系というのは「父親が皇族であること」です。父親の父親の父親…というふうに、家系図で父親をたどっていくと最初の天皇である神武天皇までたどりつける系列をさします。

 

(最初に天皇を自称したのは天武天皇みたいですが…。神武天皇の頃の話はあまりに古いため論争があるようです)

 

女系

女系というのは「母親が皇族であること」です。母親の母親の母親…というふうに、母親をたどっていくと最初の天皇にたどりつくというのが女系です。

 

しかし、日本史上、現在まで全て男系でつながってきているため、女系の天皇は存在しません。

 

「母親が天皇」という天皇はいないのです。

 

ややこしいですが、女性天皇は存在したので、その子どもは「母親が天皇」ではありますが、その子自身は天皇にはなれないのです。

 

つまり、母親が天皇という人はいますが、母親が天皇という天皇はいません。

 

 

サザエさんで考えてみる

 

波平が天皇だとします。

 

波平天皇の子どもの「サザエ」「カツオ」「ワカメ」は全員男系です。父親が天皇ですから。

 

もしサザエさんが天皇になっても、そこまで大きな問題はありません。「男系の女性天皇」です。

 

しかし、その次が問題なのです。サザエ天皇の息子の「タラオ」は天皇になることはできません。なぜなら、タラオは母親 が天皇である「女系」だからです。

 

ここで、サザエ天皇が退位した後、カツオが天皇になるとします。これも問題ありません。カツオは男系ですから。

 

そして、将来カツオが花沢さんかかおりちゃんと結婚して、子どもができたとき、その子は「男系」となり天皇候補となります。

 

サザエもカツオもワカメも天皇になるのは問題ありませんが、その先のことを考えるとやはり「カツオが一番適切」となります。男系を絶やすことなく続けられるからです。

 

歴代の女性天皇の登場理由はこうです。引き続きサザエさんを例にします。

 

カツオが生まれたばかりで天皇になるにはまだ早すぎるといった場合、男系の女性天皇としてサザエさんがでてきます。でもこれはあくまで次のカツオにバトンタッチする前提です。

 

そんなふうに歴史上の女性天皇は、「次の男系男子がいるけど……」というような「次がいる状態」でしか天皇にならなかったそうです。

 

今まで天皇といえば男系だけだったため、そもそも男系という言葉はありませんでした。しかし、女系天皇という概念がでてきたとき、区別するために今までの天皇を男系としたそうです。

 

今まで294と呼んでいた国道も、新294ができたせいで、旧294と呼ばれるようなものですかね。新しい道ができなければ、わざわざ「旧」なんてつけなかったように、天皇も女系という新しい考え方ができなければ男系という言葉は存在しませんでした。

 

 

現在かかえている問題

 

日本では、男系の天皇しか存在していません。ずーっと男系で繋がってきたのです。それを、今、変えて良いのかという話なのです。

 

一度でも変えたら戻せません。一度女系天皇になったら、その後男系天皇に戻したところで「男系100%」ではなくなってしまうのです。歴史をここで変えてもいいのか、2000年近く続いてきた歴史を変えるだけの議論はなされたのか、と叫ばれているのです。

 

平成天皇の子は二人とも男性です。令和天皇と秋篠宮様ですね。ですので、平成天皇の孫までは男系は確定しています。平成天皇の孫は誰であっても「父親が皇族」だからです。平成天皇の孫である愛子さま、紀子さま、真子さま、悠仁さまは全員男系ですので、誰が天皇になっても男系の天皇です。その先が不確定なのです。

 

男系でつなげていくには悠仁さまが将来男の子を生むことが条件です。悠仁さまの子が女の子のみだった場合、その女の子は男系の女性天皇になれても、そこが男系の最後になります。

 

昔は正妻以外にも側室がいて子どもをたくさん作れたため、男系が途絶えることはありませんでしたが、現在はそうではありません。

 

歴史にこだわりすぎて、男系天皇を立てることができずに終わることもありえます。このまま男系天皇しか認めなかったら、悠仁さまに男の子を生んでもらう以外に方法はなくなってしまうからです。

 

そうなると今まで続いてきた歴史が変わるどころか、なくなる可能性もあるわけです。

 

なくなる可能性というリスクをとってでも男系にこだわるか、新しい天皇のシステムとして女系天皇を受け入れるか。

2000年近い歴史のターニングポイントに立っているのは間違いありません。

 

 

以上の話を理解した上で「男系100%の歴史が途絶えても良い?」と聞かれても、「良い気もするし、駄目な気もするし、よくわからない」というのが大半の人の意見でしょう。私もそうです。

 

やめるのは簡単ですが、2000年も続いてきたのだからそのまま続けたほうが価値が高まりそうな気もします。でも、価値が高まったところで、何か良いことがあるかと言われたら、とくにありませんし。

 

日本の歴史は男系100%の天皇で繋がってるんだぜ!こんな国、他にはないんだぜ!って言ったところで、外国人には「ふーん」と流されそうですし。そもそも日本人自身が「ふーん」って感じですしね。

 

時代が時代なら、内戦が起こってたかもしれませんね。でも、現代人にとっては「天皇性のあり方についてだけで、命を掛けてまで戦うものなの?」という感じでしょう。「何も戦をしなくても、議論すればいいじゃん」とも思うでしょう。現代で良かったです。

 

現代人は冷静ですが、冷静すぎて無関心になっちゃってるんですね。物理的に命を奪うような争いは起きないので、良い方向に来た結果だと思いますけどね。

 

私の考え

私個人としてはいくら2000年続いてきたからといって、これからもそれを続けなくてはいけないという掟はないのだから、変えても辞めてもいいんじゃないかと思います。正確に言えば「男系しか天皇になれない」という掟はあるのでしょうけれど、それに従わなくてもいいんじゃないかと思います。

 

私がいくら「お前は先祖代々伝わってきた清水家の血を引いているんだから、途絶えさせるな」と言われたとしても、知ったことかとはねのけます。「『家』を重視するあまり結婚ができずに、結局自分の代が最後になる可能性がある」とか「ご先祖様も、家を継ぐこと以上に、その時生きている子孫に幸せになってほしいと思っているはず」とか言って、自由に生きます。

 

結局、結婚して子どももできたため、清水家はまだ続いてますけれど……。女系は駄目と言われたら、私は男の子を生まれるまで子を作らないといけないことになります。こう考えると「男系」にこだわることがどれだけ大変かがわかるでしょう。

 

ちなみに、私は女系になります。私の母が家を継いでいるわけですが、母は3人姉妹なので、男系は不可能なのです。清水家は男系にこだわってないということですね。おかげで、私は自分の子の性別を気にしなくていいのです。ほんと、現代で良かったです。

 

幸い、私は家を継げなんて一言も言われず、逆に「お前は家のことなんて気にしなくていいから、お婿に行っても全然構わない。お前の好きな人と結ばれればいい」と言われて育ってきました。こんなふうに価値観は時代とともに変わっていくので、天皇家のあり方も変わってもいいんじゃないかと思います。

 

変わるということは変えられない

そもそも人類は変化の歴史ですしね。変化しなかったらクロマニョン人のままだったかもしれませんからね。変わることが基本だからこそ、そんな中で2000年も続いてきたことは尊いという見方もあるかもしれませんけれど……。

 

でもやっぱり、変わることは常に求められているんじゃないかと思います。今がたまたまターニングポイントに見えるだけであって。

 

ということで、私は女系天皇も歓迎だし、天皇制を廃止したって構いません。もちろん、このまま維持するのもOKです。

 

もし、今ここで天皇制を変えてしまって、子や孫や未来の子孫達に「2019年頃に生きていた先祖は一体何を考えてたんだ!せっかくの歴史を駄目にしやがって!」と言われたとしても、まぁ、気になりません。

 

きれいな地球は子孫に残してあげたいですが、天皇制はどちらでもいいです。

 

こんな感じで、結局は感情論になってしまうんですよね、この問題。解決しないのもうなずけます。

 

あなたはあなたなりに考えて、アウトプットしてみてください。天皇制については中学受験の題材などにもされることはもないでしょうけれど、自分の考えを持ち、それを意見する練習になると思います。

 

自分の考えがまだないとしても「女性天皇と女系天皇の違い」を説明できるようにはなっていたほうがいいんじゃないかなと思います。





「この記事、なんか良い!」と思ったらクリックしてください!
私のモチベーションが5上がります。
▼ ▼ ▼


高校受験ランキング

学習塾Lilyチャンネル

STUDYの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG