英語を学ぶことで学ぶこと

英語を学ぶとどんな良いことがあるのでしょうか。昨日に引き続き英語学習のすすめです。

 

結論から言ってしまえば
「英語を学ぶことで異文化コミュニケーションの土台ができる」ということです。

こう言うと抽象的でスケールの大きな話に聞こえてしまいますね。順を追って説明しましょう。

 

まず日本人と欧米人には大きな違いがいくつもあります。目の色や体格などの容姿から始まり、使う言葉や考え方まで、それはもうたくさんです。容姿のような外見上の違いと、考え方のような内面上の違いに分けて考えます。

英語学習は内面上の違いを理解する上で大きく役に立つのです。

 

例えば、英語では「語順」を学びますよね。

日本語の場合、「私は」「彼を」「なぐった」というものをどう並べても意味は同じです。多少ニュアンスは変わっても「加害者が私で、被害者が彼で、殴るという行為というのが分かります。

「彼を」「私は」「なぐった」
「私は」「なぐった」「彼を」
こんな感じで、頭の中でイメージする場面は同じですよね。

「彼を」「なぐった」「私は」
という順番にしても変わりませんよね。日本文としてこの順番が正しいかと言われると微妙ですけれど、意味は伝わると思います。

 

それに対して、英語は順番が大切です。

最初に言う人を主語とします。今回の「なぐる」という動作で言えば、その動作をする人のことです。加害者です。
次に「なぐる」という動作を書きます。
そして、その後になぐられる相手を書きます。

「なぐる」という動詞の後に書いた人は、なぐられた人のことです。被害者です。

この順番が大切です。
「彼を」「なぐった」「私は」というように、日本語では加害者と被害者の関係は語順に関係ありません。

しかし、英語の場合は
「I」「hit」「him」という文の「私」と「彼」を入れ替えて
「He」「hit」「me」と言ってしまうと、彼が私をなぐったことになり、加害者と被害者が入れ替わってしまいます。

 

日本語には「~は」「~を」という助詞がくっついているので加害者と被害者がわかりますが、英語にはそれがありません。
そのかわり語順でその性質を表すのです。

 

日本語に慣れている人なら、日本語の方がわかりやすいかもしれません。
しかし、新たに言語を習う場合、英語と日本語だったら圧倒的に英語のほうがわかりやすいでしょう。英語の方がルールが少ないからです。

日本語の場合は単語の他に助詞を覚えないといけませんが、英語であれば順番通りに並べれば伝わるため、助詞を覚える必要がありません。

助詞と語順、どちらが簡単かと言ったら、語順でしょう。

小学2年生くらいの子に助詞と語順の両方を教えてみればわかります。説明する方も語順の方が簡単に説明できるはずです。

 

 

3単語くらいならどちらも大差ありませんが、一文が長くなると日本語と英語の違いが如実(にょじつ)に表れてきます。

「私は昨晩、駅でトムと会いました」という文を英語にすると
「I saw Tom at the station last evening.」ですね。

日本語の場合、主語と述語(今回は動詞)が離れています。主語は最初に動詞は最後に言います。
英語は主語と動詞がすぐそばにあります。

英語の語順で日本文を書くと「私は会った トムに 駅で 昨晩」となります。日本語は語順が変わっても意味は分かりますね。

 

日本語は述語が最後です。つまり最後まで話を聞かないと、相手が言いたいことがわかりません。
「会った」という言葉が出るまでに

「私は昨晩、駅でトムと」という言葉がありますが、その間いろいろ想像してしまいますよね。

「トムと会ったのか」
「トムとデートの待ち合わせしたのか」
「トムと電車に乗ったのか」
「トムと仕事をしたのか」
「トムと事故現場を目撃したのか」

「昨晩」「駅」という言葉からある程度推測できるものの、最後まで言ってくれないとすっきりしません。
「会った」の部分を隠されたら、「トムとどうしたのよ!?」と聞き返してしまうでしょう。

それに対して英語は最初に文の根幹となる言葉を伝えます。
I met Tom この3単語で、話のオチまで言ってしまうのです。「昨晩」「駅で」という言葉を聞き逃しても、根幹の「私はトムに会った」という部分が伝わります。

 

ここから分かることは、英語圏で暮らす人達は「結論を先に言う」という文化で育っているということです。

例えば桜の木を折ってしまったことを謝る場合、英語であれば
「私は桜の木を折ってしまいました 棒を振り回して遊んでいるときに トムと一緒に 昨日」という順番です。

日本語であれば
「私は昨日トムと一緒に棒を振り回して遊んでいるときに桜の木を折ってしまいました」ですね。
「桜の木を折った」という事実にたどり着くまでに、回り道が長いんですね。
相手が気が短い人なら「早く結論を言え!」と言われてしまいそうですよね。

 

この辺からも、日本人は奥手というか、主張が弱いというか、そういう部分が見えます。欧米人は逆です。
日本人の感覚からすると、欧米人のようにスパッと物事を言う人を怖いと感じたり、デリカシーがないと感じたりするかもしれません。

しかしそうではなくて、単純に育ってきた文化が違うのです。

この文化の違いを学ぶことができるのが英語学習なのです。もちろんぼけーっと、ただ英単語を覚えようとしているだけではわかりません。でも、よくよく考えてみれば「あー、だから欧米人はこんな表現をするのか」という背景に気づくことができます。

これに気づくと、異文化に対しての理解も深まり、相手を尊重できるようになります。
異文化への理解がないと、先ほどの例のように「欧米人は主張が激しい」と言って否定的になってしまいます。

 

英語を学ぶことで、異文化への理解も深めることができます。
ただ学ぶだけでは駄目ですので「深まる」とは言いませんよ。あくまで「深めることができる」です。

それができるかどうかは、自分次第。

英単語を覚えるだけの作業か、英単語から背景の文化を知ろうとする勉強か、どちらをするかで世界が変わります。

同じ時間を使うのであれば後者の方が面白いので、おすすめです。





「この記事、なんか良い!」と思ったらクリックしてください!
私のモチベーションが5上がります。
▼ ▼ ▼


高校受験ランキング

学習塾Lilyチャンネル

STUDYの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG