太陽が昇る位置

自宅からLilyに来る途中、昇ってくる太陽と筑波山がいい感じに見えるスポットがあります。ベストショットが撮れそうなときは車を路肩に止め、外に出て写真を撮ります。

一つは12月15日のもの、もう一つは3月24日のものです。どっちがどっちかわかりますか?太陽の位置に注目してください。

 

明野から東を向くと筑波山です。では、筑波山を見たときに左手になる方角は?

 

北ですね。右手が南となります。

 

夏に近づくにつれ、太陽は北寄りから昇ってくるようになります。北寄りの東の空から出てきて、南の空を通り、北寄りの西の空に沈んでいくのが夏です。北寄りから出てくる分、大きく弧を描くのが特徴です。

 

冬は逆に、南寄りから昇ってきます。南に近い位置から昇って、南の空を通って、南寄りの西の空に沈むので、夏に比べて軌道が短くなります。太陽が出ている時間が短いのもこのせいですね。

 

そんな知識があれば、どちらが12月かはわかるでしょう。筑波さんより右側、つまり南寄りに太陽がある方です。上の写真ですね。

 

それに比べて、3月に撮ったのは筑波山よりだいぶ左、つまり北寄りにありますね。夏にはもっと北寄りにいくはずです。本当にそうなるか、意識して見てみてくださいね。

 

ちなみに、この太陽の動きは中3の3学期に学習します。それまで覚えていてくれることを期待します。





「この記事、なんか良い!」と思ったらクリックしてください!
私のモチベーションが5上がります。
▼ ▼ ▼


高校受験ランキング

学習塾Lilyチャンネル

STUDYの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG