ゲームをやめても勉強時間は増えない

ゲームをしすぎて怒られている人にとっては残念なニュースです。ゲームをやめても勉強時間は増えないそうです。

 

「俺はまだ本気じゃない。ゲームをやめて本気を出せばもっと上に行ける」と思っていた人もいるでしょうけれど、そう甘くはないという現実があるようです。

 

もちろん成績を上げるにはゲームをやめるのは絶対です。勉強とゲームで時間の奪い合いをしてしまうので、成績を上げたければ勉強をしなさい、そのためにはゲームをやめなさいという理屈になります。

 

しかし、ゲームをやめる=勉強時間が増えるわけではないようです。似たような例を大人がすでに作っていました。

 

最近、よく耳にする働き方改革。その1つに長時間労働を解消しようというものがあります。残業をなくして早く帰れるように社会全体で取り組もうとする姿勢は私は歓迎です。

 

残業がなくなれば早く帰って家事や育児をしたり友達と遊んだりしてプベートの充実するだろうと思いきや、増えたのはテレビの時間だそうです。

 

家事や育児を手伝ってもらえると思っていた主婦は怒り心頭。それを察知して、今度は残業がなくても早く家に帰らずにその辺をふらふらするフラリーマンが生まれてしまった模様です。彼らがスマホゲームなどで時間を浪費しているのも目に浮かびます。

 

こんな感じで、期待していることと実行されたことはまるで逆になってしまうことがあります。中学生にとってのゲームも同じ途をたどってしまうということです。

 

ゲームをやめて時間が空いところに勉強が埋まるかといったらそうではなく、テレビが入り込んできたり睡眠が入り込んできたりと、親が望んでないものでばかり穴を埋めてしまうのです。

 

だからといってゲームをやめることが無駄なのではなく、勉強へ近づく最初の一歩だということは確かです。

 

ゲームをやめたらテレビ、テレビをやめたら漫画…など親と子のイタチごっこは続くと思いますが、勉強にたどり着くまでお互い頑張りましょう。賢い子であれば結構早めに勉強にたどり着くと思いますが、ずる賢い子は一筋縄にいきません。

 

子どもが幼少の頃「食べ物の嫌いなものをどうやって克服させるか」を考えて実践したように、今もなおいろいろ考えて実践してみてください。「もう嫌いなままでいいよ」と親が先にさじを投げないように頑張ってくださいね!





「この記事、なんか良い!」と思ったらクリックしてください!
私のモチベーションが5上がります。
▼ ▼ ▼


高校受験ランキング

学習塾Lilyチャンネル

保護者向けの最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG