盛者必衰のことわり

近隣の塾が明野校を閉めるというニュースが私の耳に飛び込んで来ました。私が言うのもなんですが、残念です。

 

塾の収入源は授業料ですので、生徒数が収入に直結します。その生徒数が減り、増える見込みもないため撤退せざるを得ないという状況だったのでしょう。私も同じ状況ならそうします。

 

正しい競争こそが向上に不可欠です。どんな業界であれ、仕事に限らず勉強だって同じです。競争しないと必ず後退します。動物の進化が証明しています。人類もその真理からは逃れられません。

 

私は向上したいと考えているので、競争相手がいて欲しいと思います。

 

そして競争相手が多いということは生徒側からすれば選択肢が増えるということです。選択肢が増えれば迷いも増えますが、より自分に合った塾に巡り会える可能性も増えます。一消費者としては選択肢は多くあって欲しいと思います。

 

さらに、残念に思う理由は明野地区から塾が減ってしまうからということです。地元に企業が集まると賑わっている実感が湧きますが、逆に撤退してしまうと衰退していると感じて寂しくなります。もちろん学習塾Lilyのように明野に新規で塾を開くところもあるので、衰退の一途ではないと思いますが、それでもやはり今まであったものがなくなると一住民として寂しいと感じます。

 

明野中の偏差値を上げるという目的のためには学習塾Lily以外の塾の力も必要なので、他塾の明野地区からの撤退があると目的達成がより厳しくなります。Lilyなどの新規が増えたから撤退ということになってしまったのかもしれませんが……。

 

車のディーラーが密集していると「あの辺に行くと車屋さんは何でもあるよ」となり、車を買いたい人はまずそこに足を運びます。

 

学習塾もそれがいいと思います。明野に行けば良い塾いっぱいあるよとなれば、明野地区に来る学生が増えて賑わうし、足元の明野中学校の生徒達も刺激されて勉強するようになり、結果的に学力が向上できると思います。

 

以上の理由から、競合他社の明野地区撤退は残念に思うのですが、そうは言っても弱肉強食、盛者必衰の世界。勝つも負けるも理由があるのでしょう。とりあえず今のところLilyは良い生徒達に恵まれて経営が成り立っていますが、明日は我が身と思って気を引き締めていきたいと思います。

真面目編の最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG