洋楽と邦楽

音楽は「メロディ」「歌詞」が惹きつける大きな要素だと思います。

 

まず流れてくるメロディを心地よいと感じることが最初です。これだけで大ヒットする可能性もあります。日本人が英語を聞き取れなくても洋楽が売れるのはまず最初にメロディの良さがあるからでしょう。

 

そして歌詞。メロディがいまいちでも、光るフレーズがあればそれだけで人を惹きつける可能性があります。歌詞が気に入って何度も聴いているうちに、メロディも好きになったという曲もたくさんあります。

 

歌唱力やアレンジも大きな要素のように見えますが、メロディと歌詞に比べたらちょっと劣ります。メロディや歌詞はそれしかないという感じですが、歌唱力やアレンジはいくらでも替えが効きます。

 

例えば、他のミュージシャンが歌っても、その曲の魅力はそこまで変わりません。ボーカロイドの曲がヒットしたのも歌唱力を求めない層がいるからでしょう。オリジナルに勝てないものの、他の人が歌っても、いい曲はいい曲ですからね。

 

アレンジも同様です。アコースティックバージョンになっても、良い曲は良い。でも、メロディは変えちゃ駄目ですからね。音楽の最大の要素はやはりメロディなのでしょう。

 

以上が、今までの私の意見でしたが、最近洋楽を聴いて思いました。

 

「歌唱力も大事」

 

日本人であれば日本語の歌詞は分かるので、多少歌唱力がなくても歌詞の良さでカバーできますが、洋楽はそうも行きません。ほぼメロディと歌唱力で決まります。そして、ヒットチャートに並んでいる曲は歌唱力が凄い。いまいちなものがまず並んでないんですね。

 

これが洋楽好きな人が邦楽を下に見る原因かなぁと思います。

 

邦楽は歌唱力がいまいちでも結構ヒットしますからねぇ。

 

洋楽も邦楽もどちらも良さがあるので、けんかせずにどちらも音を楽しんだら良いと思います。それこそまさに音楽ですね。

真面目編の最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG