倍率ドン!

茨城県立高校入試の倍率が出てきました。

 

一般入学出願期間は2月14日までなので、この後も受験者は若干増えると思いますが、おおまかな動向は見えましたね。

 

水戸一高、竹園など偏差値の高い高校は1.4倍以上。100名以上の不合格者が出てしまいます。土浦一高は1.05倍。下妻は一高、二高ともに1倍以上ですが、下館は一高、二高ともに1倍未満です。

 

下館工業は1.0倍以上の学科と1.0倍以下の学科がありますが、1.0倍以下だからといって安心できません。工業高校は第2志望も書けるので、第1志望の学科で不合格でも第2志望の学科で合格できる可能性があります。0.8倍の電気科は定員割れしていて全員合格できるように見えますが、他の学科の不合格者が電気科を第2志望にしていた場合はその人たちも加わるので、1.0倍以上になる可能性もあります。

 

結局は倍率に惑わされずに、できる限り得点を上げること以外に良い手段はありません。

 

倍率が低いと合格しやすくなりますが、不合格だった場合は精神的により辛いと思います。100人不合格のときであれば自分が不合格でも仕方ないと思えますが、3人しか不合格者が出ないのにその中に入ってしまうと落ち込み度も大きくなってしまいます。合格して当たり前の状況の方がプレッシャーがかかることが多々あります。

 

自分が行きたいと思い行くと決めたのなら、倍率に惑わされずにその高校に見合う学力をつけるために残り20日間すべきことをきちんとしましょう。





「この記事、なんか良い!」と思ったらクリックしてください!
私のモチベーションが5上がります。
▼ ▼ ▼


高校受験ランキング

学習塾Lilyチャンネル
>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG