第二志望に変えたほうが良いか否か

私の過去の経験に基づくジンクスを紹介します。

 

「一高志望の子の成績が上がらず二高にしようかと迷った場合、結局一高を受験しても落ちる可能性が高い」

 

志願先を決定する今の時期に多くなる相談が「第一志望が厳しそうだから、第二志望にしようか迷っている」というものです。でも、厳しいことを言うと、そうやって迷っている時点で落ちる可能性がどんどん上がってしまっています。本当に県立高校にしか進学が許されないというのなら、二高をおすすめします。

 

逆に、点数が足りていなくても「私は絶対に第一志望を受験する」と言い切って、迷いなく一心不乱に勉強している子はたいてい受かります。

 

私はこの「迷っている時間」の有無が合格に響いてくるのではないかと思います。

 

迷う人というのはそれが生活の中心になってしまうイメージです。ふとした瞬間にそれを考えてしまう。いつもぼんやり「第二志望に下げたほうがいいかな」と考えてしまう。でも、それを考えるのはテスト結果などの判断材料が出揃ってからで良いです。というより、それからじゃないとほとんど意味がありません。

 

判断材料が出揃うまでは志望校については考えずに、その時間、その脳を勉強に費やしたほうが有効です。だから、言い切ってしまう人の方が合格しやすいのだと思います。

 

受験生のうち、本気で志望校を迷う人はそこまで多くありません。私が触れる中では毎年数人程度です。そのくらいの統計なので信憑性(しんぴょうせい)はわかりませんが、私なら先述したように「本当に県立高校にしか進学が許されないというのなら、二高をおすすめします」とアドバイスします。

 

志望校を決定するのはまだ早いです。判断材料が出揃うまでは、脇目も振らず勉強に向かいましょう。





「この記事、なんか良い!」と思ったらクリックしてください!
私のモチベーションが5上がります。
▼ ▼ ▼


高校受験ランキング

学習塾Lilyチャンネル

役に立ちそうな話(心得・思考)の最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG