写真の海

昭和生まれの私のアルバムは分厚い表紙で中のページの紙も厚く長持ちしそうな素材で出来ています。40年近く経った今でもあるので、実際に長持ちですね。

 

その中に入っている写真の数は100枚くらいでしょうか。現像した写真の中からよりすぐりのものがアルバムにおさめられているのでしょう。今でも色褪せずに残っています。

 

時は流れ、平成も最後の年。

 

今やカメラはデジタルとなり、写真を撮る緊張感はなくなりました。数撃ちゃ当たる作戦で、たくさん撮っています。

 

数年前まではパソコンに取り込んだ画像データファイルに名前をつけたり、フォルダでカテゴライズしていました。その際に、写真も取捨選択していたものです。

 

でも、今は名前を付ける必要もありません。Googleが自動でやってくれます。撮った場所からタイトルを入れてくれたり、「花の写真」「空の写真」などのカテゴライズをしてくれたりします。

 

我が家も、毎日のようにカメラアプリのシャッターボタンをタップしてはたくさんの画像データをクラウドにあげています。いつか見返すとき、写真の多さに面食らうかもしれませんね。

 

今はよりすぐりの写真で1つのアルバムを作る時代ではないようです。写真を選んでベスト写真集を作るのも好きなのですが、今はたくさん写真を撮りたいので、デジタル社会で良かったなと思います。





「この記事、なんか良い!」と思ったらクリックしてください!
私のモチベーションが5上がります。
▼ ▼ ▼


高校受験ランキング

学習塾Lilyチャンネル

お気楽編の最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG